アメリカの軍艦が自衛隊の部隊を運ぶ!
〜 日米共同統合演習はじまる 〜

2012. 11. 6    代表委員  大西五郎




自衛隊3万7400人、在日米軍1万人が参加


 11月6日の朝日新聞によりますと、自衛隊と在日米軍による日米共同統合演習が、5日始まり、国内の基地や周辺空海域で16日まで続くということです。
四季桜  防衛省のホームページを開いて、統合幕僚本部の「報道発表」を見てみますと、演習の目的は「武力攻撃事態における自衛隊の統合運用要領及び米軍との共同対処要領を演練し、その能力の維持・向上を図る」となっています。
 実施時期は、平成24年11月5日〜16日、実施場所は、我が国周辺海域・空域及び基地等
 演練項目は、自衛隊部隊間の統合運用要領及び日米部隊間の共同要領を

(1)陸上・海上・航空作戦 
(2)基地警備等 
(3)統合・共同輸送 
(4)捜索・救難活動

について行う。

 演習参加部隊は、

陸上自衛隊が、北部方面隊、西部方面隊、中央即応集団等
海上自衛隊が、自衛艦隊、佐世保地方隊等
航空自衛隊が、航空総隊、航空支援集団等
米軍が、在日米陸軍、第7艦隊、太平洋空軍、第3海兵機動展開部隊等

 朝日新聞によりますと、「自衛隊3万7400人、在日米軍1万人が参加するという大掛かりなもの」「演習は中国の海洋進出を念頭に置くもので、米軍艦艇で陸自部隊を輸送する訓練を初めて行う。2年前の前回は一部公開されたが、今回は非公開。藤村官房長官は『諸般の事情』と述べたが、尖閣問題で緊張する日中関係を踏まえたとみられる。」ということです。



無人島奪還作戦は中止


 この訓練では、当初沖縄県渡名喜村(となきそん)の無人島、入砂島が外国軍隊に占領されたとの想定で、この島を奪還する訓練も予定されていましたが、オスプレイの強行配備や米兵の集団強姦致傷事件で沖縄県民の在日米軍に対する反発が強まり、渡名喜村が無人島奪還演習に反対したこともあって、この訓練は中止になり、沖縄周辺海域での訓練となったという経過があります。



米艦の自衛隊員運搬は日米軍事一体化


 それにしても、アメリカの軍艦が自衛隊員を乗せて目的地へ運ぶということは、完全な集団的軍事行動です。政府の「集団的自衛権の行使は行わない」という方針がこうしてなし崩し的に壊されていくのは問題で、9条を守る立場からも反対の声を挙げましょう。




やぐら「目次」に戻る