名古屋高裁が画期的判決   自衛隊イラク派遣阻止訴訟

空自イラク活動は違憲     
    米兵輸送は武力行使

大西五郎    



自衛隊HPより、C130輸送機

  自衛隊のイラク派遣は武力行使放棄などを定めた憲法第九条に違反するとして、自衛隊派遣の差し止めや慰謝料などを求めた裁判で、名古屋高裁が4月17日、多国籍軍の武装兵士を輸送する航空自衛隊の活動について「憲法に違反する活動を含んでいるとして違憲」という判断を示しました。
  この訴訟は、愛知県を中心に、レバノン大使の天木直人さんら3000人余が原告となって行っていたもので、一審の名古屋地裁では却下されました。そして1000人余が控訴しました。
   今回の判決でも、差し止めや慰謝料については「控訴人(原告)らに違憲な戦争遂行や協力などを強制される事態にはなっていない」として訴えが認められませんでしたが、裁判所が自衛隊のイラク派遣を憲法に違反するという判断を示したのは画期的なことで、自衛隊の存在や活動について憲法違反という見解を裁判所が示したのは、1973年の長沼ナイキ訴訟(札幌地裁)以来二度目です。

   名古屋高裁(青山邦夫裁判長)の判決は、
  @ イラク、特にバグダッドはイラク特措法が自衛隊の活動を認め
    ていない戦闘地域に該当する

  A 空自による多国籍軍武装兵士のバグダッドへの空輸は、他国
    の武力行使と一体化した行動で、自らも武力行使したとの評価
    を受ける

   B空自の空輸活動は、武力行使を禁じ活動地域を非戦闘地域
    に限定した特措法の規定に反し、憲法第九条一項に違反する
    活動を含んでいる

と明確に憲法に違反することを指摘しています。
   原告側の自衛隊イラク派兵阻止訴訟の会は、派遣差し止めは認められなかったものの、自衛隊派遣を憲法違反と認定した実質的勝訴判決として上告しない方針。政府も差し止めと慰謝料を却下した形の上では勝訴のため上告できず、この判決が確定する見通しです。
   なお、政府はこの判決が出ても「バグダッド空港への航空路は戦闘地域ではない」(町村官房長官)などと詭弁を弄し、空自のアメリカ兵輸送を継続する方針を明らかにしています。今こそ「憲法九条を守れ」の声を大きく、広く、拡げていく活動を強めましょう。



4.17名古屋高裁判決全文紹介



関連記事

    注目  イラク派兵違憲判決、池住義憲原告団長の講演を聴く

    注目  九条の生命力を示すイラク派兵違判決 (小林武愛大大学院教授)

    注目  空自のイラク派遣、違憲判決  〜新聞により反応さまざま〜



やぐら「目次」に戻る