自民党を支持した人は3分の1強なのに
改選数の半分以上の議席を獲得

2013. 7.25    代表委員  大西五郎


選挙区の1票の格差が生んだ、歪んだ「民意の反映」



ひまわり

 参議院選挙の結果をマスコミは「自民党の大勝」と伝えています。確かに改選議席121の過半数を獲得し、それに比べて民主党が大幅に議席を減らしましたから、自民党の勝ちといえます。
 しかしその内容を点検してみますと、国民の絶対的支持を得たとは言えないようです。
 党への支持といえる比例区での自民党の得票率は34.7%で、投票数の半数にも及ばず、3分の1を少し超えた程度です。それなのに、選挙区の当選者と合わせると改選議席(121議席)の53.7%と過半数を獲得しました。
 比例区の議席獲得率は比例区の得票率とほぼ同じ割合ですたが、都道府県を単位とした選挙区の合計得票率が42.7%なのに、議席獲得率は64.4%です。ここに「自民大勝」の秘密があります。
 先の衆議院の選挙でも、同じように得票率と議席獲得率に大きな隔たりがあり、「小選挙区制が民意を正しく反映しない」ことが指摘されました。
 安倍政権はこの選挙の結果に心を強めて、憲法改正や憲法解釈を曲げて集団的自衛権を行使できるように動き始めています。「自民党圧勝」が国民の意思を反映したものではないことをつかみ、今度の参議院選挙の結果に悲観して力を落すことなく、「九条を守れ」を声高に叫び続けましょう。


参議院選挙の各党の得票と獲得議席の表




やぐら「目次」に戻る