村山談話の核心部分を外した首相答弁

2014. 3. 5    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 3月3日から参議院予算委員会で2014年度予算案の審議がはじまりました。3日の委員会で民主党の那谷屋正義議員から「安倍首相は村山談話を踏襲するのか」と首相の歴史認識を問う質問が行われました。これに対して安倍首相は「村山談話は踏襲する」と答えましたが、その内容に問題がありました。


各新聞の報道は・・・


 4日の毎日新聞は村山談話は踏襲 首相「侵略否定せず」の見出しで、記事では、「安倍首相は1995年に村山富一首相(当時)が日本による過去の植民地支配や侵略を謝罪した村山談話について『わが国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた。その認識においては歴代内閣の立場を引き継いでいる』と述べ、踏襲する考えを改めて示した。『安倍内閣として侵略や植民地支配を否定したことは一度もない』と強調した。」となっていました。
紅梅  中日新聞では、村山談話「引き継ぐ」首相強調 参院予算委審議入りの見出しで、「首相は日本の植民地支配と侵略を認め謝罪した1995年の村山首相談話に関し、『わが国は多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた。その認識において歴代内閣の立場を引き継いでいる』と踏襲する考えを示した。」となっています。
 朝日新聞には河野談話の見直し問題が大きく報じられ、参議院予算委員会での安倍首相答弁の記事はありませんでした。不思議に思ってインターネットで朝日新聞のホームページを開いてみたところ、東京版には、民主・那谷屋正義氏 村山談話を継承する意思かの見出しで、「安倍晋三首相 わが国はかつて多くの国々とりわけアジア諸国の人々に対し、多大な損害と苦痛を与えてきた。その認識において安倍内閣としても同じで、歴代内閣の立場を引き継いでいる。安倍内閣としては侵略や植民・・」と記事の途中までが表示され、続きは有料のデジタル会員でないと読めません。いつも私が朝日新聞に感じる疑問です。国民に広く知らせるべき記事は有料会員に限定すべきではありません。


談話の「植民地支配と侵略」部分は?


 中日新聞によりますと、「首相は『国策を誤り、戦争への道を歩んで』『植民地支配と侵略によって』などの談話の文言を引き継ぐか、との質問には直接答えなかったが、『侵略や植民地支配を否定したことは一度もない』と強調した。」となっています。  しかし安倍首相は昨年4月の国会で村山談話を引き継ぐのかと問われて、「侵略という定義は学会的にも国際的にも定まっていない」「(村山談話を)そのまま継承しているわけではない」と答弁しています。
 また村山談話は「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大な損害と苦痛を与えました」となっていますが、安倍首相は村山談話を説明する時、いつも「植民地支配と侵略によって」の部分はわざと取り除いて引用しています。
 つまり表面上は引き継ぐように述べながら、村山談話の核心部分をわざと無視する態度をとっているのです。一国の首相として、政治家として、真摯な態度で過去に向き合う必要があります。




やぐら「目次」に戻る