主催企画

学習会「日本国憲法の原点がここにある」



  憲法研究会の憲法草案要綱とGHQ案それに現行憲法をじっくりと比較しながら学習をしてみようではないか、という企画を立てました。

  日時は4月5日(土)、会場は栄の名古屋市教育館。
  詳しくは「イベントのご案内」でご確認下さい。


一、日本国ノ統治権ハ日本国民ヨリ発ス
大西五郎代表運営委員 一、天皇ハ国政ヲ親(みずか)
   ラセス国政ノ一切ノ最高
   責任者ハ内閣トス
一、天皇ハ国民ノ委任ニヨリ専
   ラ国家的儀礼ヲ司ル
一、国民ハ法律ノ前ニ平等ニ
   シテ出生又ハ身分ニ基ク一
   切ノ差別ハ之ヲ廃止ス
一、国民ノ言論学術芸術宗教
   ノ自由ヲ妨ケル如何ナル法令ヲモ発布スルヲ得ス
一、国民ハ健康ニシテ文化的水準ノ生活ヲ営ム権利ヲ有ス
これらは、憲法草案要綱の一部です。


  昨年、NHKテレビが「焼け跡から生まれた憲法草案」を放送しました。日本国憲法とその下敷きになったGHQの憲法案に、高野岩三郎、森戸辰男、鈴木安蔵ら7名による憲法研究会の草案要綱がつよく影響を与えていたことが紹介されました。また、劇映画「日本の青空」の上映運動が全国で展開され、憲法研究会は広く世間に知れ渡ってきています。
憲法案比較   東海放送人九条の会では、代表運営委員の大西五郎さんがいち早く鶴舞図書館で憲法草案要綱を見つけ、会員の皆さんにお報せするとともに、GHQ案と現行憲法の三つを対比するパンフレットを作成し、内外に広めてきました。

   鈴木安蔵らの憲法草案がGHQ案にどのように反映され、それが日本国憲法のどの条文になったのでしょう。このプロセスを学習することで日本国憲法は日本人の手によって作られたのだ、日本国憲法には人類が歴史の中で見つけた叡智がこめられている、という確信を深めることができると思います。

   講師は、憲法草案要綱を鶴舞図書館で発見し、それとGHQ案と日本国憲法の比較表を作成しながら研究を重ねてきた、代表運営委員の大西五郎さんが務めます。

   昨年、稲沢市の九条の会で大西さんが、憲法草案要綱とGHQ案と現行憲法の関係を講演されたところ、「大変よく分かる話だった」「確信が持てた」と大変好評でした。そこで、私たちも同じ学習会を企画しようではないか、となったものです。
   ぜひ、周りの方にも声をかけて、大勢でご参加下さい。会員以外の方でもご参加いただけますので、このホームページをご覧になった方もぜひお出かけ下さい。





主催

日本国憲法の原点がここにある!



日本国憲法の原点がここにある

日時

4月5日(土)    午後2時〜4時

会場

名古屋市教育館 2階第7研修室

講師

大西五郎代表委員

参加費

資料代・会場費として200円いただきます

会員でない方も ご参加できます.




活動報告「目次」に戻る