主催企画

立命館大学平和ミュージアム訪問記

佐藤隆三        


立命館大学国際平和ミュージアム

  立命館大学国際平和ミュージアムを訪ねる企画が9月25日(木)に予定通り行われました。
  朝のうちは厚い雲に覆われ、いまにも雨の降りそうな空模様だった。
   名鉄バスセンターに8時40分ごろに着いたが教えられていた8番のりばには誰もいない。そこはバスセンターのもっとも西の端だった。おかしいなぁと思いながら待っていると、大木さんが現れた。少しホッとした。ふたりで他の人がいないことを訝しく思っていると、バスセンターの中央付近にいる馬渕さんを見つけた。馬渕さんは8番のりばがここだということを知らないのだろうと思い、大きな声で馬渕さんを呼んだ。
   ところがやってきた馬渕さんが、みんなが待合室にいると教えてくれた。さきほど馬渕さんが立っていた辺りだった。待合室に行ってみるとほとんどの人が既に着ていた。わたしたちだけが取り残されていたのだ。今日の参加者は日帰り組が9名、泊まり組が6名の総勢15名、そのうち1名だけ京都駅で合流という賑やかな旅になった。
   名鉄高速バスの切符を櫛田さんが予約してまとめ買いした関係でグループがまとまって座れたのだが、なぜか私の隣だけは見知らぬ人だった。
   朝早かったのでバスが出発してまもなく私は居眠りを始めた。目覚めた時にはバスは滋賀県内を走っていた。振り返ってみると私の右後ろの席が2つ空いていた。誰も乗ってくる気配がないので、目覚めたあとはその空いている席に移って、外を流れる景色を眺めていた。
彼岸花    名鉄高速バスが彦根を過ぎるころには窓越しに日射しを感じ、雨の心配は遠ざかったようだ。名神高速道路の上り車線で道路補修工事が行われており、ものすごい渋滞がつづいていた。帰りのことを心配しながら流れる景色を見ていると、田んぼの畦を彼岸花が鮮やかな色で縁取っているのを何度か見た。
   京都が近くなるにつれて、バスの遅れがはっきりしてきた。11時41分に京都駅に着いて、55分発の50系統、立命館大学行きに乗らねばならない。錦織さんが早く来て待っているはずなのだ。幹事の櫛田さんが焦りだした。大学の食堂にも予約を入れているので時間が気になるのだろう。
   バスが京都駅前のバスセンターに入って行った。11時52分だった。市バスの乗り場はABCと別れていたが、どれが50系統の立命館大学行きなのか判らない。ところが、バスが着いたすぐ隣に立命館大学行きのバス停があった。みんながこのバス停に列んでしまった。しかし、これはJRのバス停で50系統の市バスではなかった。多分このバスでも立命館大学には行くのだろう、しかし50系統のバス停には錦織さんが待っているはずだ。櫛田さんがそのことに気づいて錦織さんの携帯に電話を入れた。やはり、錦織さんは50系統のバス停で待っていた。約束の55分のバスはもう出たとのこと。錦織さんにJRのバス停まで来て貰うことになった。そんな時に立命館行きのバスが入って来た。乗るかどうか躊躇しているときに錦織さんが着いて、みんなでバスに乗り込んだ。
   京都駅から立命館大学まではバスで40分ほどかかった。そのあと、立命館大学構内の「末川記念館」内のレストランで昼食をとり、いよいよ国際平和ミュージアムに出掛けた。



夜毎の夢の切なさよ、君とあふのは何時の日ぞ


  先に帰る人もいるので見学前に、平和ミュージアムの前で記念写真を撮った。
立命館大学国際平和ミュージアムに入るところ   平和ミュージアムの入り口には学徒動員され戦場で散った若者の悲しみと怒りを後生に伝える「わだつみ像」があります。この像を写真に撮っていると、依頼してあったボランティアガイドの方が現れ説明が始まった。
  立命館大学では太平洋戦争の開戦日の12月8日に、わだつみ像に集って「不戦のつどい」という集会を行います。いま入り口の方を向いているわだつみ像がその時にはホールの方に向きを変えるのだそうだ。
   ガイドさんの説明は地階展示室の「15年戦争」をメインに行われた。
   展示室に入っていくと、当時の日本兵が担いで行軍した背嚢の重さを実際に体験する企画があった。よくもこんな重いものを持って歩けたものだと思った。当時の背嚢の中味は米がほとんどだと言う話だった。
   731部隊が実際に使っていたものの複製という「宇治式細菌爆弾」の模型があった。BC級戦犯の処罰は今年の夏もテレビで取り上げられたが、人体実験をした731部隊が米軍と取引し、研究資料と引き替えになんら処罰されなかったのは許されることではない。
説明してくれたボランティアガイドさん   爆弾の破片も展示されていた。70センチくらいのグニャリと折れ曲がった錆びた鉄板だ。円筒だと考えると直径は25センチくらいか。京都府日吉町の空襲の時落とされたものと書かれている。京都には空襲はなかったと言われるが、それは市街地のことで周辺部では空襲があったようだ。
   面白いものを見つけた。中国で日本軍兵士に向けて撒かれた反戦ビラと説明されている。美しい女性が布団の上で寝ている絵である。その夢の中で彼女は若い兵士と逢っているのだ。そして、「夜毎の夢の切なさよ、君とあふのは何時の日ぞ」と書かれている。こんなものを見たら戦争なんかやめて日本に帰りたくなったろうなぁと同情せずにはいられない。
  支那事変割引国庫債券が展示されていた。昭和16年発行で7円で買った国債が10年後には10円になるというものだ。また、「大東亜戦争国庫債券」というのもあった。これは昭和18年発行。50円で、年3分5厘の利子が付くことになっている。小分けするようになっていて、1枚が87銭だった。僅かなお金さえも戦争のために取り上げようとしている。すべて紙くずになってしまった国債だ。
   兵隊が列んでいる。ベルトから手ぬぐいをだらしなく垂らしている兵隊もいる。その後ろから撮影されていた。入り口の前には若い女性がぽつねんと横を向いて立っている。この女性が兵隊を順番に誘導しているのだろうか。戦時中の慰安所を撮影した写真である。ガイドの方の説明では、兵隊がここに留まれるのは5分間だけだそうだ。まるでベルトコンベアーだ。男にも女にも悲しい写真だ。
   その隣には「南京占領から10日ほど後の揚子江の川岸」という写真が展示されていた。遺体が散乱している。頭のない遺体、裸でお尻を向けた下半身だけの遺体。虐殺はなかったという靖国派を考慮してか撮影者の氏名が表示してあった。
ケイトウ   これらの写真を見ていると憲法9条は絶対護らねばならないという気持ちがふつふつと湧いてきた。日本が軍隊を持てば、このような悲惨なことを私たちの子どもや孫たちに押しつけるることになるのだ。

   平和ミュージアムの見学は午後3時半までで、その後金閣寺に行った。歩いて10分ほどだが、途中で突然雨が降り出した。あわてて傘を取り出したがそれもほんの束の間の雨で済んだ。
   平日というのに金閣寺は混んでいた。修学旅行と外国人が目立った。これだけ混んでいてはゆっくり金閣寺の秋を楽しむというわけにはいかない。ゆっくり歩いて、記念撮影をしただけで金閣寺を後にしたが、ここには平和な日本の姿があった。



活動報告「目次」に戻る










  学習会「日本国憲法の原点が
    ここにある」のDVD紹介へ