11月15日(土)に

総会案内
記念講演会案内


  一昨年11月11日に、東海放送人九条の会を結成してから2年を迎えようとしています。この間、憲法をめぐる動きは実に目まぐるしいものがありました。
東谷山で見た四季桜    安倍元首相は、戦後レジームからの脱却を唱え憲法改正を正面に据え、改憲を参議院選挙の争点にすると豪語しましたが争点にはならず、惨敗し政権を投げ出しました。
   安倍元首相の後継となった福田前首相は、「改憲手続き法の本格施行となる3年後に向け、国民の間で、そして与野党においても、議論が深められることを期待している」としていましたが具体的に改憲を持ち出すことは出来ず、国会に設置された憲法審査会を始動させることも出来ませんでした。
   これは、全国で7千を超える九条の会が結成されるなど、憲法改悪反対・九条を守れの運動や世論の高まりによるものと言えます。
   私たちも、微力ながら平和憲法9条を守る取り組みを行ってきました。それが改憲の動きに歯止めをかけていることに確信を持っても良いのではないでしょうか。
   東海放送人九条の会々則6条は、原則として総会を年1回開催することを定めています。
   そこで9月17日に開催した運営委員会では、この会則に則って結成2周年にあたる11月15日(土)13時30分より定時総会と記念講演をセットで開催することにしました。



主催

第3回定期総会と記念講演


  今年も定期総会の時期がやってきました。昨年の記念講演は軍事ジャーナリストの前田哲夫さんにお願いしました。今年は、中日新聞論説委員で中京大学教授の飯室勝彦さんに「メディアの憲法報道を問う」というテーマでお話いただくことになりました。
  興味深いお話が期待されます。ぜひ、時間を作ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
  なお、講演はどなたでもご参加いただけます。会員でない方もご遠慮なくお出かけ下さい。
  


第3回定期総会と記念講演の詳細

日時

11月15日(土)    

場  所

愛知大学車道校舎 K903教室(新館)
(地下鉄桜通線「車道」下車、1番出口から北(右方向)へ2分)

第1部

< 第3回総会 >

 時間:13時30分〜14時30分

 受付開始:13時00分〜

第2部

< 記念講演 >

 時間:15時00分〜17時00分    受付開始:14時30分

 講師: 飯室勝彦中京大学教授

 講演: メディアの憲法報道を問う

 資料代として500円いただきます。(ただし学生は無料)

 ※ 講演にはどなたでもご参加できます。

 主催: 東海放送人九条の会・愛知大学九条の会(共催)

第3部

< 懇親会 >

 自由参加の会費制で、参加費は3千円です。




講師プロフィール


飯室勝彦中京大学教授   東京新聞・中日新聞の社会部、特別報道部などで司法、人権、報道問題を中心にジャーナリスト活動を続け、1992年より論説委員。
   2003年より中京大学文学部言語表現学科教授。
   著書に「敗れる前に目覚めよ〜平和憲法が危ない」(花伝社)、 「メディアと権力について語ろう」(リヨン社)、 「新版報道される側の人権」(共著・明石書房)、 「客観報道の裏側」(現代書館)、 「戦後政治裁判史録」(第一法規出版)などがある。



憲法問題を正しく報道してきたか。


  マス・メディア(新聞・雑誌・放送)は憲法問題を正しく報道してきたでしょうか。
   憲法とは本来国民が政府権力に人権や自由を約束させるものです。
   ところが最近憲法が国民を国家に従属させるものという考え方(国家主義)を公然と主張する動きが強まっています。 メディアはこのような動きをどう伝えているでしょうか。
   一部のメディアはそのような動きに同調する傾向も見られます。
   戦争の放棄・戦力不保持の憲法第九条の改定を主張する新聞も現れました。
   メディアが日本国憲法の三原則(国民主権、人権尊重、平和主義)を守る立場で報道しているのかをメディア研究の第一人者が検証します。




活動報告「目次」に戻る