主催企画

田母神発言と15年戦争への道




東海放送人九条の会学習会


日  時

4月7日(火)    午後2時  〜午後3時30分ごろ
  学習会のあと、鶴舞公園でお花見を予定しています。

場  所

名古屋市公会堂        2階  第 1 集会室

    (JR、地下鉄等鶴舞下車  )

講  師

下 島 光 男 氏  (運営委員、元CBC論説委員)

会 場 費

会場費として200円いただきます.


ご  案  内


下島光男講師

  昨年は、大西五郎さんを講師に迎え、「日本国憲法の原点がここにある」というテーマで、日本国憲法がアメリカから押しつけられたものではなく、日本のなかに憲法を生み出す力が芽生えていたことを学びました。
   今年は、おなじCBC−OBの下島光男さんにお願いして、田母神発言がもつ歴史的役割を解明していただきます。

   アパグループが募集した懸賞論文で最優秀賞を受賞した田母神俊雄空幕長(当時)の論文を一部ご紹介します。

・「我が国は日清戦争、日露戦争などによって国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために条約等に基づいて軍を配置したのである。

・この日本軍に対し蒋介石国民党は頻繁にテロ行為を繰り返す。邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生する。これに対し日本政府は辛抱強く和平を追求するが、その都度蒋介石に裏切られるのである。

・我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。

・1928年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、(中略)日本軍がやったとは断定できなくなった。

・日中戦争の開始直前の廬溝橋事件についても、これまで日本の中国侵略の証みたいに言われてきた。しかし今では、(中略)「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党」と劉少奇が証言している。

・ルーズベルトは戦争をしないという公約で大統領になったため、日米戦争を開始するにはどうしても見かけ上日本に第1 撃を引かせる必要があった。
  日本はルーズベルトの仕掛けた罠にはまり真珠湾攻撃を決行することになる。」

   これらの作り替えられた歴史を自衛隊員は教え込まれているのかと思うと恐ろしいものを感じる。
   今回は下島さんに本当の歴史と、田母神発言が改憲勢力から期待されている役割りを解明していただきます。


(佐藤記)




関連記事

    注目  〜学習会詳報〜   田母神発言と15年戦争  (講師:下島光男氏)
    注目  盛り上がった「田母神発言」学習会
    注目  田母神前空幕長「正論」で論文の正当性主張




活動報告「目次」に戻る













BGMは加藤剛さん演奏の「平演会の劇『ほうせん花』での劇中曲」です。

※  FireFoxでは鳴りません