主催企画

盛り上がった学習会
田母神発言と15年戦争への道

佐藤隆三        



  東海放送人九条の会は4月7日、名古屋市公会堂第1集会室で、「田母神発言と15年戦争への道」と題した学習会を行いました。講師は、CBCで論説委員を勤め、退職してから20年経つという下島光男さんです。

桜   今年は桜の開花が早く、7日にはもう花が残っていないのではと心配されたが、花冷えの日が続き、この日が満開の鶴舞公園は、最高気温が22度という春らしい陽気に恵まれ、桜の樹下は花見客で埋め尽くされています。
   公会堂ホールでは、コンピューター専門学校のHALが入学式を行っていました。公会堂の2階も中央はホールですが、その周囲に幾つか集会室があります。学習会が行われたのは、南西角にある第1集会室でした。ロの字型に机が配され、公園の見える窓側が講師席です。
   運営委員は午後1時に集合して会場設営など準備作業を行いました。開始の午後2時が近づくころにはぞくぞくと参加者が集まり、予想を上回る26名の参加で学習会は盛り上がりました。

   2日前、北朝鮮が人工衛星かミサイルか、とにかくテポドンを発射しています。日本は急遽、迎撃ミサイルPAC3を秋田と岩手に配備しましたが、このPAC3は航空自衛隊の管轄だということから話は始まりました。田母神氏はパイロットから空幕長になったのかと思っていたが、防衛大を出たあと、ナイキの部隊に永く勤めていたと経歴を紹介し、田母神氏の論文の問題点に入っていきました。
   田母神氏は村山談話について、「ようするに日本は悪い国だと云う自虐史観に則ったもの」と決めつけ、村山談話を踏襲するということは自衛隊の士気を低下させるだけでなく、国民の命を危険に曝すことになる、と主張しています。
   また、専守防衛では国は守れない。非核三原則を撤廃して核兵器で国防と外交を強化せよ。
徳川園のシャガ   武器を欲しがっている国は世界中にあるんだから、武器輸出三原則など止めて、武器を売って儲けりゃいいじゃないかとも云っています。
   田母神氏の論法の特徴は、自分に都合の悪いところは全部無視し、都合のいい情報だけを寄せ集めて主張を展開するところにあります。
   その結果、日本の植民地統治は非常に穏健で、従軍慰安婦も南京大虐殺も真っ赤な嘘だと主張します。
   憲法原則である文民統制に外れた田母神氏に対する政府の処分が「臭いものに蓋」式のものであったため、いま田母神氏は日本の軍国主義化と改憲のためにテレビも使って活動を強めています。この状況は戦前の陸軍で起こった状況と似ている。それは3月事件や10月事件の処分の仕方だ。あの曖昧な処分がその後、陸軍統制派に日本を日中戦争へ、太平洋戦争へと進ませたのだと講義は進みます。



愛知は田母神右翼のターゲット


  1時間ほど続いた下島さんの講義のあと、質問や感想発言が相次ぎました。
  そのなかで、新婦人の水野さんが、田母神氏の講演会が岡崎で行われ、会場のお寺に満員の390人以上が集まったことを紹介。
桜の花   田母神氏が4月〜9月に27回講演を予定しているが、そのうち8回が愛知で行われることを指摘し、愛知は田母神右翼のターゲットになっている。田母神問題は決して過去の問題ではない。この動きを押し返す世論を元気よく作っていきたいと訴えていました。

   学習会の後はお花見です。
   参加者は鶴舞駅前のコンビニに一緒に出掛け、自分の好きなものを買ってから人混みを避けて、鶴舞公園の陸上競技場に向かいました。ここなら空いていると期待したのですが、ここも桜の下はブルーシートが敷かれています。やっと空いたところを見つけて我々もブルーシートを敷きました。
   ここは、かつてメーデー会場として使われていたところで、感慨深げな人もいます。
   下島さんを囲んで、学習会の感想や田母神批判を酒の肴に、ゆっくりと過ぎていく春の宵を楽しみました。



関連記事

    注目  〜学習会詳報〜        田母神発言と15年戦争  (講師:下島光男氏)
    注目  〜学習会開催のご案内〜       田母神発言と15年戦争  (講師:下島光男氏)



活動報告「目次」に戻る