主催企画
第3回

    DVDを見たあと  ビアガーデンで交流する会


夏の夜を中日ビル屋上ビアガーデンで

日時

8月12日(水)(月)    午後1時30分〜
      中日ビル屋上ビアガーデンは午後5時30分から  

場所

名古屋市教育館        第8研修室

    (テレビ塔西南)

DVDの内容

    ・ 蟹工船(山村聡)ほか。 
           (映像を見る会は無料です)

参加費

    中日ビル屋上ビアガーデン
        (飲み放題、食べ放題)は3500円です。




――話題の蟹工船と豪華2本立ての企画――


  一昨年8月は、「私は女の幸せを憲法に書いた」というベアテ・シロタさんのDVDを観、昨年夏は「世界は9条に恋してる」と題するDVDを観て、その後屋上ビアガーデンに移動し飲み放題・食い放題でワイワイやりました。
   夕日が西の空に沈むのを眺め、そよ風に吹かれながらの一杯は格別のものがありました。
   それで、今年もやろうではないか、ということになり企画しました。
   今年は、派遣切り等で再び話題となった「蟹工船」ともう1本。
   小林多喜二の原作を俳優から転出の山村聡が脚色・監督した作品。



映画「蟹工船」について


  昭和初年のある春。折からの大不況にあぶれた鉱夫、農夫、労働者上りの雑夫たちを乗せた蟹工船博光丸は、ベーリング海の漁場めざして函館港を後にした。
睡蓮   連日吹きすさぶ嵐に船酔いし、不潔な生活から続出する病人たちに、蟹工船の浅こと監督の浅川を中心とする幹部らはむりやり作業を強制する。浅川の冷酷さはSOSを打ちつづける僚船をも漁場に急ぐため無視し、カムサッカの漁場では突風警報をおかして川崎船を操業させ、多数の遭難者を出した。
  連日の酷使についに倒れた「学生上り」は偽病人としてボイラーに縛りあげられ、反抗した雑夫平太は撲殺された。低下の一途を辿る生産高にあせったた浅川は、拳銃で漁夫らの反抗をおさえ、ソ連領海への侵入を企てる。その上、過労で病死した青年の体を、すげなくつめたい海に沈めた無情さに、怒り心頭に発した漁夫たちは、ついに就業を拒んだ。
  代表たちは監督に要求書をつきつけ、拳銃で威脅しようとする彼を、叩きのめした。が、翌朝、浅川らの連絡で駈けつけた駆逐艦「初風」から、武装した一隊の水兵が工船に乗りうつり、暴動代表者の拘引をはじめる。彼らを奪還しようと騒ぐ漁夫たちは、包囲した水兵らの銃弾に次々、のけぞり倒れた。



活動報告「目次」に戻る