主催企画


戦時下の地下工場跡地と航空自衛隊基地ツアー

9月30日に岐阜基地、小牧基地など



  昨年は、5月に名東区のピースあいち、9月末に京都立命館大学の平和ミュージアムに訪ねました。 彼岸花 今秋は、下記のようにレンタカーを借りて二つの地下軍事工場跡と二つの航空自衛隊基地を日帰りで訪ねるツアーを企画しました。

  会員以外の方でも参加は自由です。  誘いあって事務局(櫛田)までお申込下さい。
  申込は9月24日(木)迄に電話・FAX又はメールでお願いします。 TEL/FAX:052-623-3289 Eメール:kushida@yk.commufa.jp



朝9時、県芸文センター南集合

参加費 1,500円(食事別)



09:00  愛知県芸術文化センター南(錦通り東方向) 集合出発。
10:00〜11:00  三菱発動機地下工場跡(可児市久々利)
11:30〜12:30  八百津散策・昼食
13:00〜13:30  川崎航空機地下工場跡(八百津町上飯田)
14:30〜15:15  岐阜基地と掩体壕見学
16:00〜16:20  小牧基地
17:00  名古屋栄(解散・有志で懇親会?)


注:地下工場跡を見学するため各自は、必ず懐中電灯と長靴を用意してください。



  何故、地下軍事工場跡など加害の戦跡を訪ねるのでしょうか? 地下軍事工場跡を見ることを通して、日本の侵略戦争と植民地支配に迫ることが出来るからです。堀削の労働力源を朝鮮人と中国人の被強制連行労働者に求めた事実が見えてきます。



<なぜ、愛岐丘陵に地下軍事工場跡が多いのか>


太平洋戦争の勝敗を決したのは空軍力でした。したがって、日本の航空機生産のメッカであった愛知県は、米軍の空襲の標的になりました。そのため、空襲被害から免れようとして軍事工場を地下壕に移転したのです。愛岐丘陵にその地を求めました。そこは名古屋から近く、掘りやすく崩れにくい地盤だったからです。
   最初に可児市久々利にある三菱発動機の地下工場跡を見学します。続いて八百津町上飯田にある川崎航空機地下工場跡へと参ります。



<小牧基地と岐阜基地の成り立ちと現在>


  小牧基地と岐阜基地は戦前も現在も一体です。小牧飛行場はいつ頃、何故作られたのでしょうか。また、その労働力はどの様にしてつぎ込まれたのでしょうか。
浮釣木   現在の航空自衛隊小牧基地は、飛行中の戦闘機に燃料を補給する空中空輸機KC767(別名空飛ぶタンカー)を運用する第4飛行隊が本年3月に発足しました。これまでイラクへ飛行していたC130輸送飛行隊に空中空輸飛行隊が追加されてソマリアをはじめ海外向けに一段と配備強化されました。
   航空自衛隊岐阜基地は、明治9年陸軍歩兵演習場として開設されました。大正6年に陸軍各務原飛行場として設置されて以来92年を経ており、日本国内に現存する最古の歴史を持つ軍事飛行場です(隊員2500名)。第4高射群は、岐阜基地唯一の戦闘部隊で地対空ミサイル(ペトリオット)を装備し、敵航空機などを撃破する任務を持っています。
   当日は、愛知県平和委員会理事長の高橋信さんがご好意で案内役を引き受けて下さいました。






活動報告「目次」に戻る