主催企画

今も残る戦争の傷跡

基地見学会に行ってきました!

2009.9.30   安田 昭雄      


川崎航空機地下工場跡

八百津町和知の川崎航空機地下工場跡


  あいにくの小雨の中、参加者6名がマイカーに分乗。9時過ぎに栄を出発しました。
   出発前に、案内をして頂く平和委員会理事長の高橋信さんにこれから行くところの概要を説明してもらいました。
   可児インターを出て北の方へ30分ほど山道を走り、可児市久々利公民館に10時半に着きました。最初の見学地は三菱発動機地下工場跡です。


岩盤に釘が

三菱発動機地下工場跡で見つけた、当時ランプをぶら下げていた釘.岩盤にそのまま残っていた

   公民館に車を置いて畑や荒れ地を少し歩くと丘陵地にぶつかり、正面に洞窟のような地下壕の入り口がありました。横幅・高さとも3〜4mほどです。ここからは長靴と懐中電灯を持って恐るおそる入って行きました。大小の石がごろごろして、ぬかるみあり、段差があり、頭上も頭をぶつけそうな所がありました。もちろん明かりは懐中電灯だけで、よほど注意して歩かないと危険でした。進んでいくと何ケ所も枝分かれしていたり、横幅も高さも5mほどの広い部屋のような所もいくつかありました。網の目のようになっているので高橋信さんの案内が無いと出られなくなってしまいそうでした。
   この地下壕は、谷を挟んで2か所あり、その2つの総延長が8km、松代大本営にも匹敵する巨大なものだそうです。この地下壕は名古屋の工場に代わって航空機のエンジンを造るために計画されました。44年12月から8カ月かけ、完成したところから機械を設置していったのですが、生産体制ができないまま敗戦になりました。
   中国人捕虜や強制連行された朝鮮人、そして徴用された近隣の百姓と職人たち、数千人で築いたものです。

   次は、久々利から北10kmほどにある八百津町上飯田・和知の川崎航空機地下工場跡の見学です。途中の喫茶店で、高橋さんのお話を聞きながら昼飯を食べましたが、お話は本当におどろくばかりです。この和知の地下壕には数千体の観音像が安置されていました。

安置された観音像

数千体の観音像が安置されていた

   地下軍事工場の建設工事で強制労働させられ、亡くなった朝鮮人、中国人の霊を慰めるため、洞窟の入口近くに住む秋松さんが安置したものです。完成した82年から毎月法要が続けられています。
   3番目は各務が原の岐阜基地です。この飛行場は1917年に開設されたもので、日本国内に現存する飛行場では最も永い歴史を持っています。最初に基地の5km北にある中国人殉難塔を見ました。碑の裏側に飛行場建設で強制労働させられ犠牲になった中国人・数10人の名前、出身地、年齢、死亡した日が刻まれていました。15歳、18歳の若者や、死亡日が8月15日以降の名前も何人かありました。朝鮮人の犠牲者も多かったと思われますが、なぜか碑はありません。

碑に刻まれた殉難者名

18歳、25歳、46歳が読める

   岐阜基地の敷地は小牧基地・名古屋空港よりずっと広大です。車で基地の南側に行き、掩体壕(えんたいごう)を見ました。上空からの爆撃に備えて、航空機を安全に格納するための壕です。主翼を縦に畳んで格納するため、コンクリートで造られた大きなものです。
   周りに20数mの大木があり、カモフラージュされていました。今、壕内は資材置き場です。
   戦争の傷跡・戦跡めぐりはここまでで、次は現実の日本の軍事施設である岐阜基地を見ました。と云っても中へ入ることができないので、フェンスの外から眺めるだけです。とにかく広大な敷地が目立ちます。ここにはF-2、F-4、F-15戦闘機や練習機など多機種が何機かいるはずですが、姿は見えません。見えるのは滑走路と格納庫ぐらいでした。帰り道の陸橋の高いところから、尾翼が数機ちらっと見えました。また、基地に隣接して川崎重工業岐阜工場がでんと構えていました。
   今日の戦跡・基地巡りツアーの最後は小牧基地です。小牧に着いたときは午後5時を過ぎて、薄暗くなっていましたが、ここでは飛行機は良く見えました。イラクに派遣されていたC130輸送機4機とKC767空中給油機が3機見えました。空中給油機は民間機を改修したもので、ジャンボ機ほどではありませんがかなり大きな機体で、側面の窓は一つもありません。客席部分は大部分が燃料タンクに改修されているようです。小牧基地には戦闘機は配備されていませんが、基地内に戦闘機を整備する三菱重工の工場がありました。岐阜基地の戦闘機はここで整備し、逆にここの輸送機は岐阜基地のそばにある川崎重工で整備するそうです。
   ツアーはここで終了、解散しましたが、6時近くで暗くなっていました。戦跡めぐりでは、恐ろしく愚かな戦争を実感し、中国や朝鮮の人たちへの加害責任が問われ続けなければならないと思いました。岐阜基地、小牧基地では、軍事施設の一部を視て憲法9条とかけ離れている実態をみることができました。



地下壕が掘られた山

左の森に網の目のように地下壕がある。手前の小高い丘は壕から掘り出された残土の丘。三菱発動機地下工場跡入口は畑と森の真ん中にある。


三菱発動機の地下工場跡入口

可児市久々利の三菱発動機地下工場跡入口


川崎航空機地下工場跡入口

八百津町和知の川崎航空機地下工場跡入口


中国人殉難塔

中国人殉難塔


殉難塔のうらには犠牲者の名簿が゛

殉難塔の裏には犠牲になった方々の名簿が


うしろに掩体壕が見える

うしろに掩体壕が見える


うしろに掩体壕が見える.大きさが判ると思います.



活動報告「目次」に戻る