11月14日(土)に

第4回総会と3周年記念講演会


  昨年の11月15日に第3回総会を開催して以来、まもなく1年経とうとしています。今年も、11月14日(土)に愛知大学車道校舎をお借りして定期総会を開くことになりました。記念講演会を愛大九条の会と共催することも昨年と一緒です。



イスラームが求める平和とは


ナナカマド

  今年の記念講演は愛知大学国際コミュニケーション学部教授の鈴木規夫先生に「イスラームが求める平和とは  〜誰がイスラームを<敵>に仕立てようとしているのか〜 」と題して講演して頂きます。多文化との共存が云われて久しいのですが、まだまだ私たちにはイスラーム文化の価値観が理解出来ているとは云えないところがあります。急激に欧米文化を取り入れた日本では、仏教やキリスト教はある程度理解出来ても、イスラーム教となるとテロ組織と結びつけて考えてしまいがちです。
   平和な社会を作り上げるには相手のことをしっかり識ることが大切です。ぜひこの機会にイスラームの文化をお聴き下さい。
   総会は午後1時30分から2時30分までの1時間。講演は3時から5時までの2時間を予定しております。5時半からは恒例の講師を囲んだ懇親会もありますので、ぜひこちらにもご参加下さい。



第4回定期総会と記念講演の詳細

日時

11月14日(土)    

場  所

愛知大学車道校舎  2号館231教室(旧館)
(地下鉄桜通線「車道」下車、1番出口から北(右方向)へ2分)

第1部

< 第4回総会 >

 時間:13時30分〜14時30分

 受付開始:13時00分〜

第2部

< 記念講演 >

 時間:15時00分〜17時00分    受付開始:14時30分

 講師: 鈴木規夫 愛知大学国際コミュニケーション学部教授

 講演: イスラームが求める平和とは

〜誰がイスラームを<敵>に仕立てようとしているのか〜


 資料代として500円いただきます。(ただし学生は無料)

 ※ 講演はどなたでも参加できます。

 主催: 東海放送人九条の会・愛知大学九条の会(共催)

第3部

< 懇親会 >

 自由参加の会費制で、参加費は3千円です。




講師プロフィール


鈴木規夫 愛知大学国際コミュニケーション学部教授

上智大学文学部・中央大学大学院法学研究科・成蹊大学大学院法学政治学研究科卒業

中日新聞に、コラム「ひもとく コーランの世界」を
    2005年11月〜2006年4月連載

<専門分野>     政治哲学・イスラーム研究
<関連分野>     国際政治学・平和研究・宗教学
<研究テーマ>     近代性とイスラーム政治哲学/スフラワルディー/イメージングと政治/イスラームにおける中国

<社会的活動>     政治学会、政治思想学会、平和学会、国際政治学会、BRISMES 等

<主要な著書・論文>
『現代イスラーム現象 〜その恐怖と希望〜』、『光の政治哲学 〜スフラワルディーとモダン〜』、『グローバリゼーションと東アジア』(共著)、『グローバル時代の平和学 第一巻』(共著)、『イスラームから見た「世界と日本」』、『イスラームとナショナリズム』、『論文    日本伊斯蘭研究的回顧与反思    北京大学国際関係学院』、『論文    鏡としてのマイノリティー 〜フランス2005年秋の場合』




1年をふりかえって


  この1年間もいろいろありました。
   昨年の総会での記念講演は中京大学教授で、中日新聞論説委員でもある飯室克彦先生に「メディアの憲法報道を問う」というテーマでお願いしました。そのころ、「日本が侵略国家であると云うのは濡れ衣だ」と主張した田母神俊雄空幕長の懸賞論文がマスコミなどで取り上げられていました。飯室先生は講演で、マスコミの初動を賞賛しつつも、文民統制の観点からの批判が弱いと指摘していました。
皇帝ダリア    懇親会の席で、田母神空幕長に対する政府の幕の引き方は、戦前の3月事件を想起させると発言したのは、元CBC論説委員の下島光男運営委員でした。
   そこで、下島さんに講師をお願いして4月7日に「田母神発言と15年戦争への道」と題する学習会を名古屋市公会堂の集会室で開催しました。
   政府の幕引きとは、昨年10月31日に田母神氏を空幕長から解任し、慌てて11月3日には退職金をつけて円満定年退職扱いにしたことです。なぜか懲戒処分にはしなかった。現職のままでの、国会の証人喚問を避けたかったのでしょう。
   戦前の3月事件では、事件を起こした佐官クラスのグループはほとんど処罰を受けていません。それが田母神事件の幕引きと似ているわけです。その後、軍部や右翼によるテロやクーデターを誘発する原因となり、満州事変、2.26事件を経て悲惨な戦争への道を突き進んだことが説明されました。
   これらの講演や学習会はホームページで詳細に紹介されています。また、DVD映像として普及に努めています。

薔薇の花    暑い8月には恒例になった「ビデオを見て、ビアガーデンで飲む会」が今年も行われました。
  年越し派遣村が日本の貧困と格差社会を目に見える形で教えてくれた今年は小林多喜二の小説「蟹工船」が書店の平積みになりました。上映作品の一つは山村聡が脚色・監督した昭和28年制作の「蟹工船」でした。
   参加者は作品鑑賞後、中日ビル屋上ビアガーデンに移動し、夕日が西の空に沈む光景を眺めながら涼風に身をまかせ遅くまで語り合いました。

   今年度の最後のイベントは「戦時中の地下工場跡と自衛隊基地を訪ねる見学会」です。
   可児市にある三菱発動機の地下工場跡では当時ランプを吊したと思われる釘が今も岩盤に突き刺さったまま残っていました。八百津の川崎航空機の地下工場跡では地下壕のなかに数千体の小さな観音像が安置されて、当時の犠牲者を悼んでいました。
   各務ヶ原の岐阜基地には戦闘機があり、小牧の基地にはC130輸送機やKC767空中給油機がいます。ところが不思議なことに、戦闘機の修理工場が小牧基地にあり、輸送機の修理工場が各務ヶ原基地にあることが判りました。戦時中、空襲から護るため戦闘機を格納した掩体壕も見学しました。翼を上にたたんで格納したというのですが、当時の飛行機はこんなに小さかったのかと思うようなものでした。

ホトトギス    振り返って1年を思い起こしてみましたが、政治の局面で大きかったのは8月の総選挙で政権が代わったことでしょう。しかも憲法9条を敵視する議員集団「新憲法制定議員同盟」は大量の落選者を出し、139名から53名に激減しています。また、毎日新聞が行ったアンケート調査によれば、当選議員の51%は9条改憲に反対だとのことです。
   この成果は全国で7400を超える九条の会が結成され運動を積み上げていることの結果だと確信しています。
   私たちがこれらの年間活動を進めるに当たって支えになったのは、昨年10月からのたくさんの資金カンパです。
   昨年の9月頃には、カンパが3万円しか集まらず、財政破綻の危機に直面し、運営委員会では、会費制を検討するほどに追い込まれていました。ところがその後、会報で窮状を訴えた結果、10月になってから暖かい励ましとカンパが総会後までつづきました。その後のカンパは47名の会員個人と、元CBC有志グループの厚志により総額255,880円となりました。
   たくさんのカンパをありがとうございました。
   これがこの1年の私たちの活動を支えてくれたと感謝しております。
   ところで、憲法を守る運動は息の長い闘いです。健全な財政状態でこそ、創意工夫に富んだ闘いが可能になります。昨年度の実績を見ますと、年間の運営費用は12万円程度となっています。それに見合ったカンパを新年度もどうぞよろしくお願い致します。






活動報告「目次」に戻る