主催企画

学習会 「マスコミは政治をどう伝えているか」

4月10日(土)  講師:大西五郎氏



 東海放送人九条の会は、桜の季節に恒例になってきた「学習会」と「花見」をセットにした催しを今年も4月10日(土) 午後2時から桜花舞う鶴舞公園で行います。
農業センターの紅梅  学習会のテーマは「マスコミは政治をどう伝えているか」。講師を大西五郎さんにお願いしました。会場は昨年と同じ名古屋市公会堂 第1集会室です。
 大西さんには、一昨年も講師をお願いしました。そのときは「日本国憲法の原点がここにある」というテーマでした。
 高野岩三郎、鈴木安蔵らの憲法研究会が敗戦の45年暮れに「憲法草案要綱」を発表。それは国民主権や基本的人権、言論・思想の自由、平和主義などの大切さを指摘した民主的な「新しい憲法案」で、GHQ案が大幅にとり入れたと紹介されました。憲法研究会はその後 映画「日本の青空」でも取り上げられ、「押しつけ憲法論」を打破する大きな力になりました。

 今回の講義「マスコミは政治をどう伝えているか」のねらいについて、大西講師にお聞きしました。




話のポイント                  2010.3.8  大西 五郎



一番の問題点は「政治報道」ではなく     
     「政局報道」になっている こと


その結果、マスコミは権力の監視役としてのジャーナリズムの役割を果たしていない.



 日本の政治で今一番大事なことは何であるか、国民にとってどのようなことが必要かよりは、政党の力関係や政治家の人間関係、政党内の派閥や権力闘争などに取材の中心が置かれている。

杏の花

杏の花

 誰がどう言った。それはこれこれのことを狙っての発言だ、というような推測記事が溢れていて、記者が政治家に食い込んでいることを誇示するような報道ばかりで、政治的課題の問題点など必要な情報が読者・視聴者(国民)に伝わらない。
 先の総選挙では「政権交代なるか」のゲーム的興味に話題を集中させ、「自民が勝つか、民主が勝つか」に集中し、国民に選択の材料を提供するその他の政党の政策の紹介は殆どなかった。
 民主党が47.4%の得票率で64.2%の308議席を獲得した小選挙区制の不公平を指摘したのは全国紙とブロック紙では中日新聞だけで、「民主大勝、政権交代」だけがクローズアップされた。



ウォッチャーがときにはプレイヤーになっている


 例えば読売新聞主筆の渡辺恒雄氏は雑誌中央公論に連載した(その後単行本になった)回顧録で当時の自民党副総裁の大野伴睦に記者として食い込むため書生のように大野家に入り浸りだった。そして「オレが大野伴睦に掛け合って中曽根(後に首相)を大臣(科学技術庁長官)にした」と自慢している。そのほか自民党有力者と定期的な会合を持ち、政治の進め方を「指示」していることも公然となっている。また、記者が政治家の秘書となり、やがて国会議員になる例も多い。



財界に取り込まれるマスコミ関係者


 「21世紀臨調」運営委員に殆どの全国紙、通信社、NHK、民放キー局の報道責任者や論説委員が就任している。これでは客観的な報道はできない。特にテレビの常連出演者が狙われている。



憲法九条の立場が見えない普天間基地移設問題


 今、連日沖縄のアメリカ軍普天間基地移設問題が紙面・画面を大きく占めている。しかし、その視点は「アメリカとの同盟関係に支障をきたさないで、どのように解決するか」に集中し、 農業センターの白梅 「アメリカの要求」だけが絶対的なもののように報道され、アメリカが反対しているから基地の県外移設は難しいという論調が主流になっている。そもそも沖縄にあれだけ多数のアメリカの軍隊の駐留が必要なのかどうかや、そもそもアメリカの軍隊が駐留する目的は何なのかが検証されることもない。
 アメリカの軍隊が日本に駐留する法的根拠は、日米安保条約で「各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。(第5条)」 「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合州国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。(第6条)」となっているからであるが、沖縄の基地からイラクやアフガニスタンへの出撃のために基地を提供するのは、日本国憲法第9条が禁止している集団的自衛権の行使に当り、日米安保条約にも違背することなのだという、憲法9条の視点が抜け落ちた報道になっているのは問題である。



・・・・というようなことを中心にマスコミ報道の問題点を提起し、みんなで討論したい。





東海放送人九条の会学習会


日  時

4月10日(土)    午後2時  〜午後4時ごろ
  学習会のあと、鶴舞公園でお花見を予定しています。

場  所

名古屋市公会堂        2階  第 1 集会室

    (JR、地下鉄等鶴舞下車  )

講  師

大 西 五 郎 氏
    (代表運営委員、日本ジャーナリスト会議(東海)代表)

会 場 費

会場費として300円いただきます.
     (ただし、学生さんは無料です.)

どなたでも参加出来ます.







活動報告「目次」に戻る