主催企画
東海放送人九条の会主催の学習会「マスコミは政治をどう伝えているか」のタイトル

佐藤隆三 (THK-OB)



 4月10日、今年も東海放送人九条の会恒例の学習会が鶴舞公園の名古屋市公会堂で開かれました。
 地下鉄で鶴舞公園に着くと、桜は葉桜になり僅かの風にも花びらがひらひらと舞っています。公会堂までの道の左側にはたこ焼きの屋台やイカ焼き、焼きそば、タマセンがならび、右側では、横浜から来たという若い男性が7個のボールをお手玉のように扱った大道芸を披露していました。その後ろの桜の樹の下では花見の宴会が始まっています。穏やかな土曜日です。
 公会堂の第一集会室に着くと、既に会場の準備は済んでいました。
 大西さんの机の上にメモリ録音機をおいた。やがて、大西さんの講義が始まった。聴講している人の後ろから大西さんの写真を撮った。これはホームページで使用するためのもの。
 講義の内容は多彩だった。マスコミが本来伝えるべき政治の問題点を報道せず、「政局報道」になっていること。河村名古屋市長の反民主主義的な誤りを指摘せず、「市長と議会の対立」に焦点を当てた報道になっていること。財界に取り込まれたマスコミを象徴するように「21世紀臨調」に全国紙や民放キー局の編集局長や政治部長クラスが取り込まれていることなどなど。
 放送に対する権力の介入についても触れられた。「戦時性暴力」の問題や、台湾統治を取り上げた「JAPANデビュー」、古くは「南ベトナム海兵大隊戦記」「一人っ子」「判決 佐紀子の庭」が取り上げられた。その結果、放送局首脳には「ヤバイものは避けよ」「政治を取り上げても視聴率は取れない」という発想が生まれ、スタジオに政治家を呼んで討論させる場合でも、「派手にやりあうショー」になってしまっている。そこでは何ら有意義な結論を得ることなく大抵時間切れで終わっていると指摘していた。
 大西五郎さんらしい歯切れのいい素晴らしい講義でした。ぜひ、講義の詳報をお読み下さい。また、DVDも1枚500円で売っております。個人の学習に、或いは仲間が集まっての学習会でご利用下さい。



活動報告「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ