学習会「日本国憲法の原点はここにある」を開催

わかりやすかった憲法学習会

安田昭雄        



大西講師

  4月5日、桜が満開。絶好の花見日和の昼下がり、栄の名古屋市教育館で憲法学習会が開催されました。テーマは「日本国憲法の原点はここにある」。
講師は会代表委員の大西五郎さん、司会は事務局の浅倉さん、参加者は15名でした。さくら祭りのバンド演奏がガンガン聞こえていましたが、皆さん気にもとめず、貴重な資料をもとに説明する大西さんの話に熱心に聞き入りました。

  はじめに、平和や憲法に関連した最近の情勢の話がありました。
  自民党の改憲議員らによる「新憲法制定議員同盟」に民主党の幹部も加わって、新たな装いで動き出したこと。映画「靖国」が靖国派議員や右翼などの圧力により各地で上映中止になっていること。大江健三郎さんの著書「沖縄ノート」の名誉毀損訴訟で、沖縄の集団自決に日本軍の関与を認定した判決が出たこと。NHKの古森経営委員長が「国際放送では国益を考えて・・」などと発言したこと、など戦後レジームからの脱却を唱える安倍元首相や靖国派による「美しい国」復活への危険な動きが、またぞろ活発になろうとしています。我々、九条を守る運動はいっそう活動を強めていかなければならないとの話でした。



憲法研究会の「草案」がGHQ案に影響


  憲法学習会は憲法誕生の前史から始まりました。
   最初はポツダム宣言です。そこでは民主主義と基本的人権を尊重する政府を樹立すること、とうたっています。
  日本政府のポツダム宣言受諾、降伏。
   幣原内閣のとき、連合国軍最高司令官(GHQ)マッカーサーから「憲法改正」を示唆され、政府は松本国務相を責任者とする憲法調査会(松本委員会)を設置します。
   そのころ、政党や民間でもいくつかの団体が憲法改正案を作成していました。多くは帝国憲法の修正の範囲でしたが、高野岩三郎、鈴木安蔵らの憲法研究会は45年暮れに「憲法草案要綱」を発表。これは国民主権、人権、言論・思想の自由など民主的な「新しい憲法案」として、後にGHQ案に大幅にとりいれられました。
学習会風景   一方、松本委員会は「国体護持」(天皇制を存続)にこだわり、帝国憲法を修正するという考え方でした。「憲法改正要綱」として、46年2月7日、GHQに提出しましたが、マッカーサーはポツダム宣言に沿ったものではないと判断し、独自に憲法案を作成することになります。
   GHQ民政局の法律専門家が、マッカーサー3原則(マッカーサーノート)に基づいて、1週間でGHQ案を作成します。このGHQ案は2月13日に吉田外相、松本委員長と懇談の席で、日本側に示されました。
   このあと、GHQ案に沿って「憲法改正案」が作成され、3月4日、議会に提案されます。審議は帝国憲法の手続きで行われ、枢密院の諮詢を経て衆議院で審議、修正をして貴族院に送られ、さらに修正されたあと、衆議院に戻り再審議で決定となりました。



牢獄で世界の憲法を研究した鈴木安蔵


  審議でもっとも問題となったのは「象徴天皇」と「戦争放棄」でした。 天皇については天皇自らが「人間宣言」を行い、GHQ案の象徴天皇制を支持する態度を示したため、若干の修正で収まりました。
   「戦争放棄」については吉田首相が、世界各国に対して好戦国日本という疑惑を正すためにも必要と答弁しましたが、自衛権については問題になり、結局第2項の冒頭に「前項の目的を達成するため」という字句を加えるという修正を行いました。これが後日解釈改憲で、自衛隊合憲論の根拠になっていきます。
   前後しますが、GHQ案の基になったのは憲法研究会の「憲法草案要綱」でした。憲法研究会は高野岩三郎、森戸辰男、鈴木安蔵ら憲法学者や社会科学研究者による民間の組織で、完成した「憲法草案要綱」は、政府の憲法改定案より早く45年12月26日に発表され、政府とGHQに提出されました。
学習会風景    鈴木安蔵は治安維持法で逮捕されますが、牢獄で世界の憲法の研究に取組み、「人類普遍の原則」「人類相互の関係を支配する崇高な理想」(憲法前文)を世界史から学びます。また日本の自由民権運動も研究して人類の到達点を、新しく生まれ変わろうとする日本の憲法の原則に据えようと、草案作成をリードしました。
   憲法研究会の草案とGHQ案を対比すれば憲法研究会案がGHQ案に大幅に取り入れられていることがわかります。
   「戦争放棄」と「軍隊不保持」を表明したのはマッカーサー3原則が最初ですが、その基となったのはやはり憲法研究会の「平和国家」構想でした。「戦争をしない」「軍隊を持たない」は国民の心からの願いで、大歓迎されました。幣原首相も「将来列国は戦争の放棄を考えるに違いない。墓場の中で眺めて、喜びとしたい」と発言しています。
  1928年パリ不戦条約の戦争放棄条項、1945年国連憲章の武力不行使条項など、人類の不幸な歴史のなかで、築きあげられてきた「世界を動かしつつある崇高な理想」から憲法研究会の「平和国家」構想がうまれ、マッカーサー3原則につながっていきました。以上のように日本国憲法は日本国民の知恵と世界の知恵が反映されてつくられたもので、決して押し付け憲法ではないのです。



憲法9条は世界の平和のシンボル


  いま、「9条」の考え方は世界に広がっています。
   中米のコスタリカは1945年から軍隊を廃止、パナマは1994年から軍隊はありません。1991年アメリカのオーバービー氏の「9条の会USA」の設立。1999年ハーグ平和アピール「各国議会は日本の9条のような戦争禁止決議を」。2000年ドイツのワイツベッカー元大統領のドイツ連邦軍改革案(軍隊不要論)。2006年スリランカ「9条の会」結成。2007年韓国でも「9条の会」結成。
   このように、日本国憲法の9条は世界の平和のシンボルとなっています。
   憲法は権力が国民を統治するものではなく、国民が権力を拘束するものです。各国の憲法は長年の歴史の中で、人民が権力者から人民の権利を闘い取った証を記録したものです。ですから、今、憲法の精神・条項を活かすかどうかは我々国民の活動にかかっています。
  東海放送人9条の会では、特に言論報道の自由を含めた運動が必要です。例えば、軍事のことでマスコミ報道ができなくなると9条を守ることは不可能になってくるからです。



世界中で発展する地域共同体構想


  最後は、世界の各地において平和を希求する流れが大きく発展している話でした。
桜の花   ヨーロッパでは、相次ぐ戦乱に対し17世紀末から始まった宗教者や哲学者による平和の提唱。第2次世界大戦後の「ヨーロッパ合衆国の設立」の提案。47年ヨーロッパ議員同盟の創設。52年欧州石炭鉄鋼共同体の発足。仏、独、伊、ベネルックス3国による欧州経済共同体の発足(58年)。93年EU発足。統一通貨ユーロ導入(99年)。
   域内で戦争の危険は無くなり、平和統合の流れは今も周辺国に拡大しています。
   東アジアでも平和と友好の地域共同体構想が進んでいます。
  中南米においても、アメリカの政治的経済的支配から抜け出して、平和と友好的な地域共同体作りへ発展しようとしています。
   世界の流れが平和に向かって大きく発展しているなかで、日本の憲法改悪・9条改悪は歴史の逆行そのものです。

   5分間休憩の後、質問の時間になりました。
   9条を改悪しようとする人達はどのような考えの人なのか、何を目標に変えようとするのか、平和や戦争をどう考えているのか、彼らの考えを知らなければ運動は広げられないではないか。
   憲法反対の組織が色々あるが、統一してできないのはなぜか。オーバービー氏の「9条の会」とどう違うのか。 など、活発な意見が続き、時間いっぱいの質疑となりました。
   会場を出た後10人ほどで名城公園へ行き花見を楽しみながら、にぎやかに議論がつづきました。



※ マッカーサー3原則

1.天皇は国家元首で世襲されるが、義務と権能は憲法に従う。人民の基本的意思に責任を負う。
2.戦争放棄と軍隊不保持。防衛は世界を動かしつつある崇高な理想に委ねる。
3.封建制度は廃止する





DVD「日本国憲法の原点がここにある」のラベル

写真をクリックするとサンプル映像を表示します


※  お読みいただきました、大西五郎代表委員・日本ジャーナリスト会議「東海」代表の「日本国憲法の原点がここにある」の講演を撮影、録画しましたDVDをご希望の方に5百円(送料別)でお分けしております。  
ご希望の方は佐藤隆三(ryu21318@yahoo.co.jp)までメールでお申し込み下さい。



活動報告「目次」に戻る











< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 憲法研究会の草案が
        GHQ案に影響

・ 牢獄で世界の憲法を研究した
         鈴木安蔵

・ 憲法9条は
      世界の平和のシンボル

・ 世界中で発展する
        地域共同体構想



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ