主催企画   

今年もやります!!

    DVDを観て ビヤガーデンで一杯やる会

8月17日(火)午後3時から



 東海放送人九条の会では、毎年8月に映像作品を鑑賞し、そのあとビヤガーデンで一杯やりながら懇親を深める会を催しています。 オニユリ 今年は8月17日(火)と決まりました。鑑賞する作品は、沖縄返還から38年目にあたる今年5月15日、NHKがBS-1で放送した「沖縄返還と密約  〜 アメリカの対日外交戦略 〜」です。
 冷房の効いた部屋の大型液晶画面でこの番組を観た方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このイベントにぜひご参加下さい。番組は一度視れば「判る」ことは出来ます。でも大勢の方と感想を語り合うとき漠然としていた感情が思想化されることもあるのです。そして何より、人生の至福のときとも言うべき、仲間との語らいの場を持つことが出来ます。
 中日ビルの屋上でジョッキを傾けながら眺める夕日もまた人生の至福の時間です。都合次第ではビアガーデンだけの参加でも結構です。ぜひお出かけ下さい。お問い合わせは、事務局長の櫛田稔さんまでお願いします。




沖縄返還と密約 〜アメリカの対日外交戦略〜


沖縄返還と密約のタイトル

 沖縄が日本に返還された直後、アメリカ政府は国家機密文書を検証した総括的報告書「沖縄返還ケーススタディ」を作成しました。番組はこの「ケーススタディ」の解説から始まります。
 沖縄返還から38年、その交渉の舞台裏は機密資料の公開により断片的には報道されてきました。しかし、「ケーススタディ」のように網羅的なものから検証した番組はめずらしいと言えます。
 数々の密約を生んだ沖縄返還とは何だったのか。アメリカの極秘文書と米側関係者の証言でその舞台裏を丁寧に解き明かしていきます。

 有事の際の日本への核兵器持ち込みや秘密にされた財政負担、3億2千万ドルの不透明な使い道など、数々の密約が生まれた交渉の舞台裏を、アメリカ政府の思惑や交渉をめぐる生々しいやりとりで検証していきます。
 1970年は日米安保条約が10年間という固定期限を終え、終了させる意志を通告すれば1年後に条約は終了するという段階に進む年です。ベトナム戦争が泥沼化し、沖縄で爆発寸前まで高まった祖国復帰運動にアメリカは日米安保条約の存続を危惧していました。そんななかで基地の自由使用、有事の核使用を確保するためにアメリカはあらゆる手を打ちます。

アサガオ  番組は、今まであまり注目されなかった米側財政交渉の当事者らを次々登場させてさせています。アメリカ側の沖縄返還交渉の原則は、返還によって日本には1ドルたりとも渡さないことでした。戦後アメリカが沖縄に投入したすべての資金を日本側が負担するよう求めたのです。しかし、これは日本国民の納得出来ることではありません。沖縄の基地というのは、戦争が未だ終わらないときに住民を強制的に収容所におしこめ、軍用地、民有地を問わず接収して、建設した基地です。しかも、1951年以降は銃剣とブルドーザーによって、抵抗する住民を強制的に排除して基地をさらに拡張したのです。これらの費用すべてを日本側に負担させようというのがアメリカの交渉の目標です。
 本来独立国ならここで外交交渉というものが始まりますが、日本政府はアメリカの言うことを聴かないと沖縄は返ってこないと判断します。ここに日本政府が国民には報せないで約束を結ぶ密約の素地があったのです。
 そしてその密約が日本にアメリカの軍事戦略を支持する道を進ませた外交史上まれに見る成功例とアメリカの交渉当事者は位置づけています。




DVDを観て ビヤガーデンで一杯やる会

日時

8月17日(火)    DVD鑑賞は午後3時から
      中日ビル屋上ビアガーデンは午後5時30分から  

場所

 名古屋市女性会館

DVDの内容

 沖縄返還と密約  〜 アメリカの対日外交戦略 〜

参加費

    中日ビル屋上ビアガーデンは飲み放題、食べ
        放題のバイキングスタイルが3500円です。




活動報告「目次」に戻る