主催企画

「知多半島戦跡めぐり」に行きませんか

10月29日(金)



 秋恒例の平和見学会、今年は「知多半島戦跡めぐり」を企画しました。
彼岸花  10月29日(金)、朝9時に栄の愛知芸術文化センター南側、錦通り歩道に集合し、マイカーに分乗して出掛けます。

 知多半島の半田市には中島飛行機製作所など多くの軍需工場がありました。太平洋戦争が始まると全国各地から労働者や勤労学徒など約2万人が動員され、朝鮮から1,200人が強制連行されてきました。
 1944年12月7日東南海地震が発生しました。また、45年7月24日には「B29」 78機が中島飛行機と周辺住宅地を爆撃しています。(平和記念碑より)
 同行してくださる「半田空襲と戦争を記録する会」の佐藤明夫さんと榊原澄夫さんから半田市の戦災状況を教えていただきます。

 また、美浜町河和には「水上機基地」がありました。衣浦湾に面した波静かな入り江が海の飛行場に適していたのでしょう。海岸には水上機を海へ降ろしたり揚げたりするための「滑り」が作られ、海岸線から200メートルのところには木造の格納庫が何棟も並んでいたといいます。今でもその「滑り」跡を見学することが出来ます。
 更に、南知多町には「回天」「震洋」などの特別攻撃基地がありました。「震洋」とは、トラックのエンジンを積んだベニア板製のモーターボートで、全長5.1メートル。舳先に250kgの爆薬を積み、敵艦に体当たりをする特攻兵器です。また、「回天」とは、人間魚雷とも呼ばれ、魚雷を改造した水中特攻兵器です。いずれの基地も部隊未配備のまま終戦を迎えたとのことです。
 一日かけてこれらの戦跡をめぐりたいと思います。
 説明付の見学会です。またとない機会ですのでぜひご参加下さい。
 参加ご希望の方は事務局(櫛田事務局長   電話 052−623−3289 )までご連絡下さい。



知多半島戦跡めぐり


時 刻


    行 程

 9:00

栄、芸文センター南の錦通りに集合。出発

10:00

半田市雁宿(かりやど)公園駐車場着、スタッフと合流

 

「半田戦災犠牲者追悼平和祈念碑」見学。ここには空襲や震災などの犠牲者432名の市民の刻銘があります。 
* 半田戦災についての説明があります。

 

「殉難学徒之像」見学。これは東南海地震犠牲者勤労動員の追悼像です。
 * 愛知の学徒勤労動員についての説明があります。

11:00

旧カブトビール「赤レンガ建物」見学
 これは、1898年建立の産業文化財です。ここの壁には機銃掃射による弾痕があります。

11:30

旧中島飛行機滑走路跡見学、中島飛行機半田製作所跡地見学、説明。

12:00

「魚太郎・蔵のまち」で昼食。土産物売場もあります。

13:00

出  発

13:30

河和海軍航空隊「滑り」跡見学(美浜町)

14:10

「回天」特別攻撃基地跡見学 (南知多町大井)

14:30

「震洋」特別基地、格納壕跡見学 (南知多町片名)

15:00

「戦没軍人群像」見学  (南知多町山海、中之院)

15:30

中之院出発

16:30

名古屋着、解散




活動報告「目次」に戻る