主催企画

秋恒例平和見学会

「知多半島戦跡めぐり」に行ってきました

2010.10.30   佐藤隆三      


 恒例の秋の平和見学会、今年は「知多半島戦跡めぐり」を企画し、予定どおり10月29日(金)に出掛けてきました。前日までの冷雨がやんだものの空は厚い雲が覆っています。だが、雨の心配はなさそうだし、気温もだいぶ暖かくなっていました。

野紺菊

野紺菊

 昭和区九条の会からこの企画に便乗させて欲しいという申し入れがあり、私たちは4名、昭和区から7名、全部で11名の戦跡めぐりになった。
 櫛田さんの車に4人全員が乗り栄を9時過ぎに予定どおり出発。
 今回、ガイドをして下さったのは「半田空襲と戦争を記録する会」の佐藤明夫さんと榊原澄夫さん。お二人とも現役時は高校や小学校の先生だった方です。
 ガイドの先生と落ち合う場所は半田市の雁宿公園。この公園は広くて何処に駐車場があるのか判りづらい。駐車場を見つけるのに苦労した。と言っても、私と大西さんは後ろのシートに座っているだけだったが。駐車場には、昭和区九条の会の人たちが先に着いていた。到着早々、ガイドの榊原さんから袋に入った大量の資料を貰った。

半田市雁宿公園、平和祈念碑前で説明を聴く

半田市雁宿公園、平和祈念碑前で説明を聴く

 今日の最初の訪問地は、この雁宿公園にある「半田戦災犠牲者追悼 平和祈念碑」だ。
 軍人は追悼していません。追悼しているのは民間人のみですという説明から始まった。ここには戦災犠牲者だけでなく東南海地震の犠牲者も祀られていた。その理由を佐藤さんは、中島飛行機製作所に多くの勤労学徒が動員されていてこの震災で亡くなったことをあげていた。中島飛行機は東洋紡などの古い工場を使い、飛行機組み立てに邪魔な支柱を取り払って耐震強度ゼロで戦闘機を作っていた。そこには半田市内だけでなく、豊橋や京都、福井などからも高等女学生などが動員されていた。昭和19年12月7日、午後1時36分、半田市は震度6クラスの大地震に襲われた。半田市内では188人が死亡したが、そのうち動員学徒は96人だった。戦争がなければ、或いは勤労動員がなけば死ぬことのなかった命として祈念碑に祀っているということだった。

石に刻まれた朝鮮人徴用者の名前

石に刻まれた朝鮮人徴用者の名前

 ここでは、朝鮮半島から強制的に徴用されてきた若者も大勢犠牲になっている。彼らは、今の北朝鮮ハムギョン南道の辺りの出身で、「何月何日○○駅に集まれ」と徴用令が出され集められた。逆らうことは出来ない。そのあと、釜山から下関、半田と運ばれてきた21歳前後の青年たちである。仕事場では青い服を着せられ朝鮮半島出身者であるこが判るように差別され、ここで戦災に遭っている。なんという辛い惨めな生涯だったことか。

 次の目的地は旧カブトビール工場だった赤煉瓦建物だ。4台の車を連ねての移動はこれが最初だったが、最後の1台がなかなかやってこない。赤信号で止められたが、ガイドの先生が乗っているので問題ないと思っていた。だが、いくら待っても来ないのだ。昭和区九条の会の人が携帯で連絡を取るとすぐ近くにいるという連絡が入ったのだが、近くにいるにしてはずいぶん待たされた。地元の人でも道に迷うことがあるのだろうか。

半田市役所の車

パトカーと間違えた半田市役所の車

 ここに着いて驚いたのは青い警告灯を付けた小型の車がやってきたことだ。パトカーと一瞬勘違いしたが、パトカーなら赤ランプだ。車体の表示をみて市役所の車と判った。降りてきたのは若い可愛い女性だった。普段はこの赤煉瓦建物に入ることが出来ない。今日はガイドの先生が特別の許可をとったようだ。鉄製の門の錠を開けて中に入れてくれた。

赤煉瓦建物の弾痕

赤煉瓦建物の北側壁の弾痕

 ここは終戦間近の昭和19年ごろ中島飛行機半田製作所が食料や衣類を保管する倉庫として使用していた。この北側の赤レンガ壁に約100発の機銃掃射による弾痕が残っている。昭和20年7月15日、硫黄島を出発した米軍戦闘機P51(ムスタング) 数機が半田地方を襲撃した。そのときの弾痕である。 そのとき打ち込まれた弾丸が市博物館に保存されているそうだ。 この赤レンガ建物は今は半田市が所有していて年に3回公開している。先ほどの女性は半田市役所の赤レンガ建物担当の石黒さんという方でカブトビール工場内を案内してくれた。

赤煉瓦建物の5重の腹壁

赤煉瓦建物の「5重の複壁」が見えるようになっている

 この建物はドイツ人の基礎設計によるもので、当時は電気冷蔵庫がなく暖かい外気を遮断するのが建物の役割だった。そこで「5重の複壁」というレンガによる分厚い壁を作っている。両外側は厚いレンガで、その間に3つの薄い壁があり、その間に4つの空気層がある。これが外気温を遮断して建物そのものを冷蔵庫にしているのだ。カブトビールというのもドイツの技術を導入したものだった。

 次は中島飛行機が滑走路にしていた戦跡だ。交差点が赤信号に変わって、先導役の先頭車輌だけが先に行ってしまった。その次の信号で右折したのだが、どこにも待っている気配がない。そのうちに後ろの車輌からUターンするという連絡がきた。信号に行く前に右折しなければならなかったようだ。行列を作って戦跡めぐりをするというのは実に難しい。このあとは、信号が黄から赤に変わりつつあっても強引に渡りきるような運転が続いた。

中島飛行機の滑走路跡

中島飛行機の滑走路跡

 さて、こんな風に苦労してたどりついたのは両側に畑や荒れ地が拡がる農道だった。車を道路際に寄せて正面の小高くなったところに登った。そこから車で走ってきたところを眺めると、真っ直ぐに農道が延びている。これがかつての滑走路の跡だ。私たちの立っている後ろが当時はすぐ近くまで海になっていて、海に向かって飛び上がったのだそうだ。ガイドの先生からいただいた資料によると、当時の滑走路は幅60メートル、長さ900メートルとある。この農道はその中心部分とのことだった。
 海軍攻撃機「天山」や偵察機「彩雲」が半田製作所で作られ牛車で運ばれ、この滑走路から合計1400機が岡崎や鈴鹿の海軍航空隊などに飛び立って行った。終戦間際には特攻機となって若い命を散らせたものもあったという。説明によると、中島飛行機には3万人ほどの従業員がいたが、そのうち1万人は勤労学徒で他の戦時動員を含めると半分以上が素人の労働者だった。それでも飛行機が出来るというのは驚きでもある。

 ところで、この半田市というのは日本で最初に非核平和宣言をした都市だそうです。昭和33年に宣言しています。現在では2千くらいの都市が非核平和宣言をしているそうですが、その最初が半田市だとガイドの先生は誇っていました。この街は江戸時代から交易が盛んに行われた商業の街で、それが市民の平等意識や平和を求める気持ちに通じているのかもしれない。

 午後からは美浜町や南知多町の戦跡めぐり出掛けた。
 最初に向かったのは水上飛行機の訓練基地である第2河和海軍航空隊の「隊門」と呼ばれた本部正門跡だった。コンクリートの大きな固まりだが、それは海からはだいぶ離れていた。河和海軍航空隊が如何に広い敷地に作られていたかが想像される。資料によると、用地買収のため住民集会で海軍建設部は軍への抵抗は非国民であると言ったようだ。

第2河和海軍航空隊本部正門跡

第2河和海軍航空隊本部正門跡

 その隊門にも機銃掃射の跡が残っていた。ここでは、先ほどの赤レンガ建物が銃撃された日に米軍の戦闘機を撃墜した記録が残っていた。これから訪れる「滑り」の先の海中から搭乗員の遺体を収容したと資料に書かれている。

 また車に分乗して海岸沿いまで進んだ。かつて都築紡績があった場所に近い。水上機を海面に降ろす滑り台のようなコンクリート製の斜面を見た。「滑り」という。「滑り」は3つあった。北側にあるのは幅が50メートル、その南に東向きに幅250メートルと80メートルのものがある。常用されていたのはこの250メートルのものだ。北側のは、風向きによって使われることがあったとのこと。

水上機を海面に上げ下ろしした斜面

水上機を海面に上げ下ろしした斜面で
    「滑り」と呼ばれたものの跡

 衣浦湾の波静かなことが水上機基地として選ばれた理由のようだ。だが、説明によると、ベタ凪の時には却って離着水が難しかったとのこと。波が適当な抵抗をする必要があるのだという。ここを飛び立った訓練機は豊橋から鳥羽を回るか、伊良湖から四日市を経て河和に戻る間に急降下爆撃や編隊飛行訓練などをした。しかし、実際にはガソリンが足りなくて思うような訓練も出来なかったようです。
 戦況の悪化に伴い、昭和20年5月からは特攻作戦を意識した、夜間飛行と特殊な訓練が重点的に行われた。波頭を砕くような超低空飛行訓練などで訓練死する若者が16名も出たという説明があった。
 ところで、ここで、不思議な話を聞いた。この基地のものではないが、水上機を潜水艦に積んでアメリカ沖まで運び、アメリカ本土を水上機で空襲したのだそうです。残念というか幸いと云うか山火事が起こった程度で、人的な被害はなかったとのこと。戦後、この水上機を操縦した人が、初めて爆撃した人としてアメリカで表彰されたそうだ。どうやって潜水艦で水上機を運べたのか訊いてみると、水上機は翼を畳むことが出来たのだそうです。しかも、潜水艦は全長130メートルもある大きなものだったとか。そんな大きな潜水艦が日本で造られていたと云うのは驚きだ。
 そのあと、ベニヤの船にトラックのエンジンを乗せ舳先に爆薬を積んだ特攻兵器「震洋」や人間魚雷「回天」の基地を廻るものと思っていたら、格納庫になった壕を車から見るだけで終わってしまった。

 なぜ、戦跡をめぐるのだろう。私は、軍国主義教育で洗脳された日本の若者がいとしい命を無惨に捨てさせられたその現場を確認することで当時の無念さを自分のものとして再確認し、平和への想いを新たにすることだと思っています。その意味で、今回の知多半島戦跡めぐりは、無謀な戦争に駆り立てた日本軍国主義を憎むと同時に、戦争は二度とやってはならないと決意を固める旅でもありました。

榊原さんの説明を聴く参加者
半田市雁宿公園にある「半田戦災犠牲者追悼 平和祈念碑」
平和祈念碑で説明を受ける参加者
殉難学徒之像の前で
カブトビール



活動報告「目次」に戻る