12月12日に 第5回総会と記念講演会

   迷走する普天間問題
          指針なき日本の安全保障

講師: 半田滋氏 (東京新聞記者)  



 今年も総会の季節がやって来ました。12月12日(日)に愛知大学車道校舎で開かれます。
 今年の総会記念講演会は、東京新聞(中日新聞)で永年防衛省担当記者として活躍されています半田滋さんに講師をお願いしました。



半田滋記者

半田滋東京新聞編集委員

 鳩山前首相は、普天間基地の移設先は最低でも県外としていた総選挙での約束を、抑止力を口実に辺野古に回帰させました。在日米軍は本当に日本を侵略から守る抑止力なのか。そもそも日本はどこの侵略を怖れているのか。
 一方アメリカにとっては沖縄基地はなぜ必要なのか。
 アメリカは経費削減を理由に世界中に展開している米軍部隊の縮小を始めています。ところが日本については米本土に軍隊を置くより経費が安くつくということで縮小の話は進んでいません。沖縄基地はベトナム戦争の基地となり、イラク、アフガン侵略の基地ともなっています。

 米軍再編を通じて日本の自衛隊が米軍に取り込まれつつあります。果たして沖縄の米軍基地と平和憲法9条は両立するのか。
 豊富な取材経験から沖縄米軍基地の現状と問題点、日本の安全保障のあるべき姿を解き明かしていただきます。
 ぜひ、ご参加下さい。

 なお、この講演会はどなたでもご参加出来ます。またとないいい機会ですので「迷走する普天間問題、指針なき日本の安全保障」を聴きにお出かけ下さい。



結成4周年記念講演会

日時

12月12日(日)  午後3時〜午後5時 
             (受付 2時40分から)

ところ

愛知大学車道校舎   新館8階 K801教室

参加費

500円(資料代) 但し、学生は無料

主催

東海放送人九条の会  愛知大学九条の会

    問合せ先  090−8543−7637




東海放送人九条の会 第4回総会

日時

12月12日(日)  午後1時30分から1時間 
             (受付 1時から)

ところ

愛知大学車道校舎   新館8階 K801教室

 午後5時から懇親会を予定しています。こちらにもぜひご参加下さい。
 参加費は3千円を予定しています。



講師プロフィール


 1991年中日新聞入社、現在まで東京新聞編集局社会部勤務。
 1993年防衛庁防衛研究所特別課程修了。
 1992年より防衛庁取材を担当し、自衛隊の権限や活動について、新聞や月刊誌に論考を多数発表している。




活動報告「目次」に戻る