東海放送人九条の会 春の学習講演会

講師は 野原仁代表委員 (岐阜大学准教授)


テレビは今後どうなるのか

4月1日(金)

名古屋市公会堂 第1集会室



テレビが世論をつくる危うさ


 テレビが世論をつくり、それが社会を動かす時代になっています。だから、政治家がテレビを利用しないはずがない。 河津桜 小泉郵政選挙のことを思いだしてください。「郵政改革なくして景気回復はない」という単純なフレーズで自民党は圧勝しました。この陰で自民党の「コミュニケーション戦略本部」が活躍していたことを「政党が操る選挙報道(鈴木哲夫)」が暴露しています。
 よみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」では、憲法「改正」論者だけを集めて討論する番組が放送されました。
 名古屋では出直し市議会選挙が行われました。その前には市議会の解散請求署名運動もありました。河村市長が言う「減税」をどれだけの人が享受できたでしょう。200億円規模の税収減で何が起ったのか。庶民には減税で得るものより、国保料の値上げと福祉の切り捨てが重くのしかかっていると、どのテレビが報じたでしょう。
 選挙が始まってからの新聞は物足りないところはありますが、比較的公正で政策中心の報道がなされました。しかし、ある人は「残像現象だ」と言いました。河村市長なら何かやってくれるという期待をこめた報道がどれだけなされたことか。テレビの危機的状況は目に余るものがあります。



知らないでは済まない放送の未来


 それほど、テレビをはじめとした放送の影響力は大きいものがあります。 河津桜 その放送を取り仕切る放送法が昨年末に「改正」されました。放送関係者でも放送法には興味のなかった方が多いと思います。ましてや視聴者の方にとっては放送法など関係ない世界でしかないかもしれません。しかし今回の「改正」はちょっと気に留めておく必要がありそうです。放送法改正がメディアの未来をおかしくしかねないからです。

 それで、桜の季節に恒例になっている学習会は「放送は今後どうなるのか?」というタイトルで、名古屋テレビOBで、当会代表運営委員の野原仁・岐阜大学准教授のお話を聞くことにしました。
 政府の説明によると、放送関連の法律が4つあったそうです。放送法と有線放送法などです。これらの法律をデジタル時代に合わせて「改正」しようというものです。しかし、小さな変更ではありません。インターネットの一部までも放送で包括して、規制を強化しかねないからです。放送とは何かが問われています。
河津桜  これまでの放送は「基幹放送」として特別な扱いを受けるようですが、その基幹放送でも放送事業と放送設備を分離してもいいことになりました。その結果これまでは、チャンネル割り当てを受けたあとは、無線局の免許という形の検査だけで、放送内容についての政府の介入を、言論・報道の自由の立場から排除してきたのに、それも怪しくなっています。
 放送関係のみなさん、視聴者のみなさん。ぜひここは放送行政研究の第一人者 野原先生の話を聴いて理解を深めてみませんか。
 ぜひ、ご参加ください。



学習会のあとは花見酒


 いつものように、勉強したあとは懇親会です。今年も、コンビニで好きなものを買ってきて桜の下で懇親会を開きましょう。会員の方でなくも大歓迎です。シートは「会」の方で用意します。



春の学習講演会

テーマ

テレビは今後どうなるのか

日 時

4月1日(金)  午後2時〜午後4時 
             (受付 1時45分から)

ところ

名古屋市公会堂   第1集会室 (2階)

参加費

300円(資料代) 但し、学生は無料

主催

東海放送人九条の会

    問合せ先  090−8543−7637

どなたでも参加できます




活動報告「目次」に戻る