主催企画
平和を考える放送番組を見て、みんなで語る会タイトル


 今年の企画第2弾は、お茶などを飲みながら平和を考える放送番組を一緒に見て、語り合おうというものです。これまでは、ビデオを見てから中日ビルのビアガーデンに行く企画でしたが、飲み出すと番組の話から逸れてしまいます。
 そこで今回は、テレビ塔東の喫茶「エーデルワイス」の2階を借りて、コーヒーやビールを飲みながら、戦争と海外放送の関係を扱った番組を見て、平和について語り合います。
 5月20日(金)、時間は午後2時から午後4時までです。遅れないようにご参加ください。予約は必要ありません。会員以外の方も大歓迎です。



【 番 組 紹 介 】


 太平洋戦争中、日米両国は開発されたばかりの短波放送を使って最前線に情報を伝える一方、互いに厭戦気分を植えつけようとプロパガンダ放送を行いました。日本からは「ラジオトウキョウ」がトウキョウローズと呼ばれるDJを使った音楽番組などを流し、米軍兵士の間でトウキョウローズが大評判にもなりました。
 しかし、プロパガンダ放送だけではありませんでした。敗戦間際には、日米の和戦工作の媒介としての機能も果たしていました。アメリカからは「ザカライアス放送」(ザカライアスという海軍大佐が行った)が日本側に和平を訴え、「ラジオトウキョウ」も和平工作につながる放送をアメリカに向かって流し続けました。これがその後のポツダム受諾へとつながったといわれます。
 番組では、この放送を受信した人を含め当時のことを知る関係者にも取材して、国際放送が戦争に果たした役割を考えます。



喫茶「エーデルワイス」の案内図



活動報告「目次」に戻る