主催企画
中電浜岡原発を背景にしたタイトル

2011.9.14   佐藤隆三 (THK-OB)  



 東海放送人九条の会秋企画、平和施設訪問。今年は平和施設とは云えませんが、今焦点の原子力発電施設見学として御前崎市にある中電浜岡原子力館を9月12日に訪ねました。以下はその報告です。

 栄、愛知芸術文化センター横の歩道に9時集合予定でしたが、8時50分に私が着いたときには、既に、小室さんや村瀬さん、加藤さんが到着していて、その後も、前島さんや高橋さん、佐橋さんなど久し振りに逢う方も多くうれしい限りです。昨年の「知多半島戦跡めぐり」は参加者がたった4名でしたが、今回は13名。栄からは12名で、巽さんとは浜名湖SAで落ち合います。
 櫛田さんの日程説明が長かったので9時を少し遅れて出発した。 ホトトギス 私の車には助手席に安田さん、後ろに水谷さんと村瀬さんが乗っています。老眼鏡を掛けないとナビが見えないので、安田さんにナビを見ながら誘導してもらうことにしました。
 誰か乗せると運転に緊張します。いつもよりかなりスピードを落として運転した。それでも、意外と道路が空いていて名古屋インターに30分ごろ着くことが出来た。それからも、渋滞に遭うことなく巽さんと落ち合う浜名湖SAに着いた。ここで、弁当を買った。
 またここで、村瀬さんが巽さんの車に乗り換えた。
 次の集合は浜岡原子力館だ。浜名湖SAから菊川インターまでは思ったより遠かった。浜名湖も菊川も静岡県という感覚で近いように誤解していた。菊川インターから原子力館までも遠かった。こちらは、道が遠いというより、クルマがノロノロ走っていて、追い越すことも出来ず時間が掛かったという意味で遠かった。
 原子力館の駐車場に着いてビックリしたのは、入口に警官が2人も立っていたことだ。最初はガードマンかと思ったが、よく見ると警官だった。 原子力館全景 駐車場にクルマを駐めて上の方にある原子力館に向かった。原子力館の建物は上に凹型を逆さにしたようなものを乗せている。それが展望台だ。
 櫛田さんが事前に案内予約を入れていたが、約束の時刻は11時40分だった。しかし、私たちが着いたのは12時ごろでだいぶ遅れた。それでも、嫌な顔をせずに中電の40代と思われる男性担当者の方がにこやかに案内してくれた。

 まず、エレベータに乗った。上る途中で原発3号機原子炉圧力容器の巨大な模型が眺められた。それは後でご案内しますからと云われ、先ず展望台に行った。既に大勢の人がここから浜岡原発の建物を眺めていた。私たちは奥の方で一団になって中電の人の説明を聞いた。
 浜岡原子力発電所は敷地面積が50万坪、名古屋ドーム33個分の広さだ。その山側半分が緑地で海側に原発の施設がならんでいる。
 右の方に海が見える。その左の最初の建物が原子炉建屋で、その左がタービン建屋、その間の隅に中央制御室がある補助建屋がある。手前から廃炉が決まった1号機と2号機、その奧に3号機から5号機まで続くのだが、4号機と5号機は重なってよく見えない。1、2号機の廃炉は30年掛けて行われるそうだ。1、2号機の排気塔は共用で1塔、鉛筆のように細長い。だが、3〜5号機はまわりを櫓のようなもので支えている。 アメリカディゴ いずれも高さ100m。これも地震対策とのこと。その前には5階建ての建物があり、中電社員800名が仕事をしている事務本館だ。その右に同じような5階建ての建物など3棟あって、これは下請け会社35社、従業員1960名が勤務する事務所だ。その前には大きなタンクが幾つかあって、これは1次冷却水を貯めておくタンクということだった。
 海に眼を転じると、沖合600mの位置に取水筒があり、海面下5mくらいのところで取水して海底トンネル通って敷地内取水槽に冷却水を取り入れている。この海水ポンプによる取水量が5号機で毎秒95トン。これは小学校などにある25mプールの水を2秒から3秒で一杯にするほどの水量だと云うから、驚きです。
 中電の人の説明はすべて福島で起こった事故との対比で行われた。非常用発電設備は高いところに置かれている。巨大津波が来ても海水が入らないように防波壁を作る。その予定地は、防風林の手前の道路のところだ。ここに18メールの津波が来ても海水が入らないような壁が来年の12月までには作られる……。
 海に近い方が原子炉建屋で、大西さんがこれは福島第1原発とは配置が逆だがと訊くと、建設時に地盤調査を行い、海側の地下に頑丈な岩盤があることが判ったので原子炉建屋は地下20mくらい掘り下げて、頑丈な岩盤に直接建設をしています。だから海側になったと説明した。
 このあと、さきほどエレベータからのぞいた原子炉圧力容器の模型が展示されている部屋に行った。 気水分離器 十字型の制御棒が核燃料棒の間に入った状態になっている。その上に気水分離器と云って、蒸気から水分を取り除く装置があり、その上には蒸気乾燥器があって、更に湿気を取り除いている。そのあと蒸気は太いパイプを通ってタービン発電機に向かう。発電に使われた蒸気は海水によって冷却され水となってまたこの圧力容器に戻ってくる。ところで、この十字型の制御棒はボロンカーバイトという素材で出来ており中性子を吸収して臨界状態を解除するものだ。訊くと、普段は圧力容器の外に下りているとのこと。ということは、圧力容器の底は制御棒の分だけ無数の穴が空いているということだ。
 なぜ使用済み核燃料を入れるプールが上の方にあるのか訊いてみた。答えは、核燃料を出し入れする作業上の必要からと云うことだった。定期検査の時、圧力容器に燃料棒を出し入れするのに圧力容器の上にあるクレーンを使う。いままではこのクレーンでプールから燃料棒を吊り上げ、圧力容器に移すものと思っていた。説明を聞いて初めて判ったのだが、実際は、プールと圧力容器の間の隔壁を取り除いて水で満たし、水中で核燃料を移動して圧力容器に収めるのだ。圧力容器の上部が半円形の蓋になっている。格納容器も同じように蓋になっている。 コスモス ここまでプールの水が満たされ、クレーンに吊された核燃料棒が移動してきて、この空いた蓋の部分から数m下におろされ固定されるのだ。中電の方は、水の中を移動することで放射線被曝から逃れられると説明していたが、水の中を移動させないとどんな事故が起こるか判らないから、水の中を移動させるのだと思った。もし、空中移動していてクレーンが故障で止まったら核燃料が空だき状態になる。それほど、核燃料は軽水炉では水から出すことが危険なものなのだ。
 このあと、東電福島第1原発の事故を受けて、浜岡原発が如何に津波対策をしているかをビデオで紹介された。海水汲み上げポンプに予備系統が作られたことや、非常用発電機が高台に複数系統で作られたこと、18m程度の津波でも海水が一切入らない防波壁、海水が入って来ても、密閉して海水が入らないようにした水密建屋に非常用発電機や非常用海水ポンプが設置されたことなど。東電の失敗を教訓として対策していることが窺われた。

 今回の見学で、3号機の実物大の原子炉圧力容器の模型を見ました。そのことで新聞や本では得られないものを実感出来た気がしました。参加した何人かの人たちが、来てよかったと感想を述べていました。質問が集中し、予定の時刻が過ぎてもにこやかに対応する中電の方の誠実な話し方も好感が持て、原発のことがよく理解出来たと思いました。
 説明を聞いていると、これなら浜岡原発は再稼働しても問題ないというような気になります。
 しかし、たとえば、タービンを回して発電に使われた蒸気が水に戻される復水器をとってみても、1台当たり直径3センチの細管が約2万1千本あるという説明でした。3センチの細管に海水が通され放射能に汚染された蒸気と熱交換を行っています。細管の厚みはどれだけあるのでしょう。放射線と海水による劣化も心配です。その脆弱さを感じずにいられません。
 また、水谷さんが指摘したことですが、浜岡原発で問題になっているのは震源域に建っていることであり、活断層があることです。強い岩盤に建っていると云う説明でしたが、福島とは位置を逆にしなければならないほど少し離れたところは岩盤が弱いとも云えます。また、強いと云っても相対的なものですから、本当に強い岩盤かどうか不安もあります。
 仮に、強い岩盤に建っていても、その岩盤の下でズレを起こしたら想定外では済まないことになります。
彼岸花  原発の稼働によって生成した使用済み核燃料や、放射能によって汚染された廃棄物の最終処分のメドがたたない状態が続いています。中電はテレビCMで地下深層に埋めることを提案しています。何mの深さに埋めるのか訊くと、300m以上深くということでした。20mの岩盤を信頼して設計した原子炉で作られた死の灰がその15倍も深く埋めなければ安心出来ない、しかも、数万年も管理せねばならないとなると、何か矛盾だらけのような気がします。もし安全なら、中電本店の地下300mは何も使っていないはずです。最終処分場として提案されては如何かと云いたくなるほどです。
 私たちが3月11日に見たものは、巨大な防波堤が津波で破壊された姿でした。浜岡では、10mから15mの高さにある砂丘がそのまま残ると仮定し、防波壁はその陸地側に岩盤に固定して造ると云っていました。しかし液状化で砂丘が崩れ、防波壁を押し倒す危険性はないのか。震源域に設置されているという条件は福島での経験だけでは収まらない異質の危険があると考えた方がいいのではないかと思いました。そして、一旦事故が起これば放射性物質を原子炉内に閉じこめておく技術がないことは東電福島原発が証明しています。

 原子力館を出て、売店の前にある大屋根の下のベンチで、浜名湖SAで買ってきた弁当を食べた。売店の2階に広い休憩室があったのですが、外の方が風が爽やかだったからです。全員が外での昼食になりました。昼食を食べているとき、パトカーが巡回して行くのが見えた。
 それから、原子力館を背景に記念撮影をして次の目的地、御前崎灯台に向かいました。
 映画「喜びも悲しみも幾年月」の終わりごろのシーンの舞台になった灯台に登りました。遠くに、雲の合間からのぞく黒い富士山の姿が見えました。波静かで、ところどころに洗濯板のような岩があります。穏やかな海です。昔取材で来たことがあるという大西さんの話では、以前はこの辺は灯台があるだけだったとのこと。今は、ホテルやプール、土産物店などがあり、民家も建ち並んでいます。すっかり様変わりしたと云っていました。
 そのあと、風力発電施設を見て帰途につきました。好天に恵まれ楽しい一日を過ごすことが出来て幸せでした。



原子炉圧力容器の模型

原発模型のうち、格納容器部分

原発模型のうち、タービンと発電機部分




活動報告「目次」に戻る