春の学習講演会タイトル


戦争遂行、日米安保、経済成長、夢のエネルギー原発…

マスコミはまた「国策」宣伝の旗振りをするのか


 今年の桜の名古屋での開花予想は3月29日だと報じられています。その3日後の4月1日に今年も「春の学習講演会」を開催します。
 場所は毎年恒例になっている名古屋市公会堂。学習講演会は午後2時から4時まで。終わったら、桜の下で懇談するため、桜の名所、鶴舞公園を選んでいます。受付は午後1時30分からです。
 今年の講師は、元NHKアナウンサーで当会の代表運営委員の沖野晧一さんにお願いしました。 沖野さんは放送の民主化や平和運動、労働運動にも取り組んで来られた方です。
 以下は沖野講師からのメッセージです。


★    ★


 満蒙は日本の生命線、アジアを白人の支配から解放する大東亜共栄圏の盟主日本、地球に優しい豊かな未来をつくるエネルギーとしての原子力発電、 五分咲きの桜 日本・アジアを豊かにする貿易の完全自由化TPPへの参加。スローガンはいつも美しく、正しく、勇ましい言葉で飾られ、国民を駆り立てて来ました。そしてメディアはそのスローガンを率先して国民に宣伝し、国民を駆り立てました。
 しかし、戦争遂行 という国策はアジアの人々を苦しめ、多くの国民の命を奪い、暮らしを崩壊させ、敗戦という結果をもたらしました。
 豊かな未来をもたらすはずの原子力発電は、東日本大震災という自然災害に相乗する形で、多くの人々の現在だけでなく未来をも奪う「人間が起こした最悪の災害」として継続しています。
 メディアが何を伝え、何を伝えなかったか。私たちは何を見逃していたのか。今また国策の宣伝機関の役割を繰り返そうとしているマスコミを歴史の目で検証します。
 放送ビデオ、新聞コピーなどを使います。


★    ★


 世論調査ではTPP賛成が反対を上回っています。世論調査とはある意味で、マスコミがどのように報じて来たかの検証でもあります。
 マスコミが世論を作ってきたことは、最近では河村名古屋市長の減税日本や大阪の橋下市長の維新の会への「期待」をみれば明かです。
 だが、私たちがマスコミを批判するとき、その犯しているあやまちを見るだけでなく、マスコミの中で頑張って素晴らしい番組を作り、記事を書いている人たちにも眼を向けなければなりません。
 今回は、放送のビデオや新聞コピーを使いながら、判りやすく解説していただきます。
 ぜひ、ご期待ください。そして、ぜひ参加してください。会員以外の方も大歓迎です。



春の学習講演会

テーマ

マスコミを歴史の目で検証する

日 時

4月1日(金)  午後2時〜午後4時 
             (受付 1時30分から)

ところ

名古屋市公会堂   第4集会室 (3階)

参加費

300円(資料代) 但し、学生は無料

主催

東海放送人九条の会(水谷芳孝)

    問合せ先  070−6293−6221

会員でない方も大歓迎です

※ 学習会の後、鶴舞公園で花見酒をしながら
       懇談を予定しています。
 せびこちらにもご参加ください。




活動報告「目次」に戻る