主催

名東区の戦争と平和の資料館を訪ねる


  平和のための社会開放型展示施設として開館一周年を迎えた『戦争と平和の資料館ピースあいち』を訪ねる企画をたてました。
   春真っ盛り、歩いて、或いはバスで、一緒に出かけましょう。


「ピースあいち」を訪ねて九条を語ろう

日時

5月14日(水)    午後2時から

会場

ピースあいち  <click>

    地下鉄「上社」駅前から右回り循環バスで「ジアミ」下車
    または、地下鉄東山線、一社駅1番出口から北に1キロ、
    徒歩で約15分です。  <click>

集合場所

「ピースあいち」入り口

    上社バスターミナル4番のりばから13時50分に
    右回りの循環バスが出ます。  <click 時刻表>

入場料

  300円


戦争が残した教訓を次の世代へ

  「ようこそ、『ピースあいち』へ」というホームページの紹介文には次のように書かれています。

  「先の戦争から長い時間が過ぎ、戦争体験者が少なくなり、戦争の資料や遺品も失われていきます。戦争という20世紀の負の遺産を、歴史の教訓として次代に伝え、平和のために役立てようと考える多くの人々の力が集結し、ここに『戦争と平和の資料館ピースあいち』が開館しました。
スズラン   戦争が残した教訓を伝え、市民の平和への思いを発信する場として、そして、伝えられたことや学んだことをさらに次の世代に繋いでいく役割を果たす施設でありたいと考えています。」と。
   また、第1展示の「愛知県下の空襲について」では、「先の戦争で、愛知県は激しい空襲を受けました。私たちの街でどのような惨状が繰り広げられたのでしょうか。なぜそのように激しい空襲を受けたのでしょうか。
  『ピースあいち』では、愛知の空襲の展示を通して、今なお世界のあちこちで繰り返されている『空爆』と『空爆の思想』を問い、その非人間性を訴えます。」と述べています。

   確かに戦争の記憶は遠くなりつつあります。しかし、憲法9条改悪への動きなど、戦争に巻き込まれる危険は決して小さくなく、戦争の悲惨な記憶を風化させるわけにはいきません。
  愛知県には戦前から大きな軍需工場がいくつかありました。
   米軍による空襲の先駆けとなった、日本による重慶の無差別爆撃は三菱重工が製作した爆撃機によるものです。三菱は大江や大幸に工場がありました。また愛知時計電機は船方や永徳で艦上爆撃機を製作しました。名古屋空襲は、その三菱や愛知時計電機などの軍需工場を主な標的としてなされ、多くの市民に犠牲をもたらしました。
杏の花
  現代でも愛知県は軍需産業の盛んな地域です。
   ミサイル防衛システムのなかで、PAC3は08年配備分から三菱重工が小牧北工場でライセンス生産すると言われます。
  小牧南工場では支援戦闘機F2をはじめ、多くの戦闘機、ヘリコプターの生産、修理をおこなっています。
  また、空飛ぶガソリンスタンドといわれる空中給油機KC767が小牧基地に2機配備されました。なぜ、日本の自衛に空中給油機が必要なのでしょう。このKC767の導入で、F15戦闘機などの航続距離が延び、アメリカの戦争に即応する態勢が強化されました。KC767は、輸送機としても使用でき、搭乗人員200人、航続距離も中東地域までノンストップで飛行できます。小牧には計4機の配備が予定されています。
   愛知県や東海地方に暮らす私たちは、いま自分が置かれている状況を正しく把握し、いま何をなすべきかを常日頃から考えておく必要がありそうです。

   「ピースあいちの紹介文」は最後に、次のように、館の目的を述べています。
   「このピースあいちを訪れた人が、平和のために1歩を踏み出す契機となるような施設でありたいと思います。」

   私たちの身近にこんな素晴らしい施設がありました。是非一緒に見学し、昭和の時代「15年戦争」という映画(60分)も見て、平和や憲法9条について語り合いませんか。
   季節も良くなりました。是非、ご参加ください。

<文責 佐藤隆三>

(「不戦へのネットワーク」を参照しました)





活動報告「目次」に戻る