ビデオ作品を見て、平和を語る会


 今年の企画第2弾は、喫茶店「エーデルワイス」の2階の部屋を借り切っての「ビデオ作品を見て、平和を語る会」です。
 6月15日(金)、午後2時から2時間程度の開催になります。

*  ここをクリックするとより大きな地図で
 表示します。青い矢印がエーデルワイス

 喫茶店「エーデルワイス」はテレビ塔の東側、地下鉄5B出口から飯田街道を東へ進んで2軒目の店です。
 昨年は、ETV特集「第2回 日米電波戦争 〜国際放送は何を伝えたのか〜」を見ました。コーヒーを飲む人、ビールを飲む人など自由に飲み物を選んで、自宅にいるようなゆったりした気分で番組を楽しみました。そのあと、感想を出し合い理解を深めることが出来ました。
 今年は、琉球朝日放送の報道ディレクター・三上智恵さんが唯一地上戦を体験した島、かつ基地の島沖縄から問いかける2つの番組を見ます。
 「英霊か犬死か 〜 沖縄から問う靖国裁判」と「海に座る 〜 辺野古600日の闘い」です。三上智恵さんはこれらの番組で2011年放送ウーマン賞を受賞しています。
 予約は必要ありません。お気軽にご参加ください。



【番組紹介】


「英霊か犬死か 〜 沖縄から問う靖国裁判」


 戦争で国に命を捧げた軍人ら246万柱を「神」として祀る靖国神社。そこに沖縄戦で死んだ民間人6万人近くが祀られていることはあまり知られていない。
なぜ、軍人でもない住民が「軍神」「英霊」となったのか。遺族たちは家族の名前の削除を求めて国と靖国神社を相手に裁判を起こした。そこには、国の「援護法」による年金をもらう代わりに民間人が「準軍属」にされるというからくりがあった。沖縄戦の本質を問うこの裁判の行方を追う。(琉球朝日放送のHPより)



「海に座る 〜 辺野古600日の闘い」


 櫓から青年が海に飛び込んだ。青年は赤いフンドシをしている。その褌から伸びた長い赤布が水中でゆらゆら揺れていた。
 ナレーションが続く。
 「赤い褌が鮫避けになる。かつて沖縄の海人は自分を大きく見せるよう、フンドシをなびかせて泳いだという。今消えて欲しいのは鮫ではない。豊かなこの海を埋める海上基地建設である。
 名護市辺野古。この海にアメリカ軍の基地をつくることになって8年。ついに建設作業用の櫓が建てられた。
 これは海の上に座りこみ基地建設を止め続けた人たちの600日間の記録である。」



ビデオ作品を見て、平和を語る会

作品名

1.英霊か犬死にか  〜沖縄から問う靖国裁判
2.海に座る 〜辺野古600日の闘い

日 時

6月15日(金)  午後2時〜午後4時 

ところ

喫茶店「エーデルワイス」2階

参加費

各自、コーヒーやビールなどを頼んでください

主催

東海放送人九条の会(水谷芳孝)

    問合せ先  070−6293−6221




活動報告「目次」に戻る