秋企画は名古屋港埠頭めぐりです。
 名港管理組合労組委員長の高木強さんの案内で名古屋港の軍需産業化の「今」を教えていただきます。
ホトトギス  9月25日午前10時15分までにガーデン埠頭のポートビル1階待合室にご集合ください。地下鉄名城線、名古屋港駅の3番出口を出て港へ真っ直ぐ向かうと白いビルに帆を張って展望室を乗せたような建物がポートビルです。
 乗船は無料ですが、事前に乗船名簿を提出しなければなりません。1週間前の9月18日(火)に乗船名簿を提出しますので、前日を申込み締切日とします。乗船名簿にはお名前と年齢、番地を省略した簡単な住所を書くことになっています。
 参加希望の方は、水谷芳孝事務局長にお申し込みください(携帯 070―6293―6221、Email fine451@go6.enjoy.ne.jp)。或いは、お知り合いの運営委員までご連絡くださっても結構です。
 使用する港務艇は定員50名です。私たちの会員だけでは10名前後ですので、他の九条の会にも声を掛けます。会員のみなさまは、ご家族で、またはお友達やご近所の方を誘ってお申し込みください。


★  


 10年連続取扱い貨物量が日本一になった名古屋港には、大量の自動車が次々と大型船に積み込まれていく新宝埠頭や金城埠頭、ボーイング社の新型旅客機B787の主翼を三菱重工大江工場から中部国際空港まで船で運ぶ大江埠頭、国産ロケットH2Aを種子島まで運ぶ木場金岡埠頭もあります。
コスモス  これを船に乗って海上から眺めるのですから、普段見えない本当の港の「今」を見ることが出来ます。
 これらはすべて平和産業に見えますが、果たしてそうなのかというのが今回のテーマです。
 名古屋港を1時間30分程度で1周します。ポートアイランドを越えてから戻りますので、伊勢湾台風の教訓から作られた高潮防波堤の向こうまで行きます。海から見た名古屋港の現状、実にワクワクする企画です。
 港務艇は窓で覆われています。大震災に襲われて陸上での防災会議が出来なくなったときには、この艇で防災会議が出来るように設計されています。だから雨天決行です。船酔いの心配もありません。しかし、台風襲来が予想されるときには中止になります。

 船から下りた後は名古屋港水族館に向かいます。ここの2階レストランで昼食をとり、2時間程度水族館を楽しんだあと解散となります。
 南極観測船ふじや名古屋海洋博物館などはそれぞれ誘い合って希望者で出掛けていただくことになります。水族館の入館料は2千円ですが、愛知県在住の65歳以上の方は年齢、住所を証明する敬老手帳などで千円に割引きされます。ポートビルの展望台や名古屋海洋博物館、南極観測船ふじも愛知県在住の65歳以上の方は同じ証明で無料になります。


秋企画  名古屋港埠頭めぐり


雨天決行、台風襲来予想のとき中止   

申込み

9月17日(月)締切り

集合日時

9月25日(火) 10時15分

集合場所

ポートビル1階  待合室

申込み先

水谷事務局長

  携帯 070-6293-6221

  Emeil fine451@go6.enjoy.ne.jp

※ 港めぐりの後、当会会員は名港水族館で昼食をとります。
  そのあと水族館めぐりをして解散です。






活動報告「目次」に戻る