桜の花が咲くころ、平和について学習しながら、そのあと花見で懇談する「春の学習講演会」。今年は大西五郎代表委員に講師をお願いし、自民党が昨年発表した改憲草案の危険な狙いを教えていただくことにしました。
 改憲草案では第2章が「戦争の放棄」から「安全保障」となり、自衛権のための戦争を認め、その任務を遂行するために国防軍を保持するとしています。
 また、侵略戦争を反省し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意した平和への誓いが憲法前文から破棄されています。
 気になるのは、「すべて国民は、個人として尊重される」が改憲案では「人」になっています。「個人」と「人」この1字はなぜ変えられようとしているのでしょう。
 また、基本的人権には「公益及び公の秩序」による制限があります。これは、現行規定の「常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う」と、どう違うのでしょう。
 自民党改憲案がもつ危険な狙いを知って、広く社会に訴えていく活動が今大切になっているように思います。
 ぜひ、いっしょに大西さんの講義を聴きませんか。
 会場は、鶴舞中央図書館 第1集会室です。


春の学習講演会

戦前の再現を狙う 自民党改憲案

講  師

大西五郎 代表委員
      (日本ジャーナリスト会議「東海」代表)

日 時

4月7日(日)  午後2時
       (午後1時30分受付開始)

ところ

名古屋市鶴舞中央図書館
                 第1集会室

参加費

無  料

※ 講演会のあと鶴舞公園で花見懇親会があります。






活動報告「目次」に戻る