春の学習講演会タイトル


 桜の花が咲くころ、平和について学習しながら、そのあと花見で懇談する「春の学習講演会」。今年はNHK−OBで、元立命館大学教授の津田正夫さんに講師をお願いし、公共放送NHKが陥っている危機について教えていただきます。

津田正夫講師  籾井勝人NHK会長が就任記者会見で、「従軍慰安婦は戦争地域にはどこにもあった」と発言し、国際的な批判を浴びています。国際放送についても領土問題などでは「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」と述べて、会長としての適性が問われています。
 また、経営委員の百田尚樹氏は都知事選で田母神候補の応援に立ち、「南京大虐殺はなかった」「東京裁判は米軍が大虐殺をごまかすためだった」などと発言し、個人としての立場だと開き直っています。
 さらに経営委員の長谷川三千子氏は、朝日新聞本社で社幹部を脅し、拳銃自殺した右翼団体元会長の行為を「神にその身をささげた」とたたえました。

 NHKはどこへ行こうとしているのでしょう。

 恒例の春の学習講演会。今年は、特定秘密保護法とメディアの行方やNHKが抱える問題点をNHK−OBの津田正夫さんに教えていただきます。

 どなたでも参加ですます。
 ぜひ、いっしょに津田さんの講義を聴きませんか。
 会場は、鶴舞公園にある名古屋市公会堂の第4集会室です。



春の学習講演会

NHKはこれでいいのか!!

講  師

津田正夫 元立命館大学教授
      (NHK−OB)

日 時

4月4日(金)  午後2時
       (午後1時30分受付開始)

ところ

名古屋市公会堂
                 第4集会室

参加費

無  料

※ どなたでも参加できます。
  講演会のあと鶴舞公園で花見懇親会があります。



講 師 紹 介


・1966年、京都大学卒業
 NHK入局。報道番組の制作などにたずさわる。
・1995年、東邦学園短期大学経営情報科教授
・2002年、立命館大学産業社会学部教授
・2009年、定年退職




いま予定されているレジメ
(変更されることもあります)



1、特定秘密保護法へのマスメディアの抵抗

*岐阜有志の会声明
*「中日新聞」13/11/22
*外岡秀俊「秘密保全の法律がいかに濫用されたか」

(1)「防衛」「外交」「特定有害活動の防止」「テロ活動の防止」その他
(2)基準、監視機構あいまい
(3)取り扱い者の適性評価と厳罰
 ↓
 知る権利、民主主義の基盤破壊

2、戦前の情報統制略史
3、日米有事連携とメディア規制
4、報道規制の本質

(1)私の体験
(2)ETV“従軍慰安婦”番組の場合
(3)マスメディア現場の自己規制
(4)今回のNHK人事の本質






活動報告「目次」に戻る