春の学習講演会タイトル


 どなたでも参加できます。ただ妨害者による混乱を避けるため、免許証など身元確認を求める場合があります。ご了承ください。



 桜の花が咲くころ、平和について学習し、そのあと花見で懇談する「春の学習講演会」。今年は4月2日(木)に開催します。会場は名古屋市公会堂第4集会室。
 学習講演会は講師に、CBCに勤務したあと新婦人愛知県本部に移って女性運動の先頭にたち、その後県本部会長を務められた水野磯子さんにおねがいしました。テーマは「日本軍『慰安婦』問題について」です。慰安婦問題の解決を妨げているのは何か、問題の本質はどこにあるのか教えていただきます。



講 師 紹 介


講師の水野磯子さん

 中部日本放送(CBC)に16年間勤務。CBC労組初の女性執行委員。その後、新婦人県本部専従32年。
 1985年第3回世界女性会議(於ナイロビ)、名古屋市代表団副団長。1995年第4回世界女性会議(於北京)に参加。1999年6月、衆議院「内閣委員会」において男女共同参画社会基本法案に賛成の立場で陳述。「基本法」成立に貢献。現在名古屋市男女平等参画推進会議委員。
 2005、10年NPT再検討会議・ニューヨークに共同代表として参加、平和問題に取り組む。
・「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナール副代表
・アジア太平洋・平和文化フォーラム事務局長
・新婦人愛知県本部前会長、愛知母親大会代表委員



春の学習講演会

日本軍「慰安婦」問題について

〜 安倍首相の歴史認識にもふれて 〜

講  師

水野磯子 前新婦人愛知県本部会長
      (元CBC)

日 時

4月2日(木)  午後2時
       (午後1時30分受付開始)

ところ

名古屋市公会堂
                 第4集会室

参加費

300円
     学生は無料

※ どなたでも参加できます。
  講演会のあと鶴舞公園で花見懇親会があります。



 朝日新聞は昨年8月、吉田清治氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だったと記事を取り消しました。これを機に朝日バッシングがつづき、まるで従軍慰安婦問題がなかったかのように喧伝されています。
 しかし、同9月に「報道ステーション」の「慰安婦」問題検証特集は官房副長官として「河野談話」作成に直接かかわった石原信雄氏の証言を紹介しました。
 石原氏は「吉田証言」は問題にしなかったこと、慰安所の運営に政府が深く関わったこと、元「慰安婦」募集の過程で、脅されたり、だまされた、巡査などが関わって強制的に応募させられた証言を否定できなかった、と述べています。
 一方で、朝日新聞の報道で日本国民の名誉を傷つけられたと慰謝料を求め提訴する動きもあります。
 侵略戦争を認めない安倍首相のもとで歴史が偽造され、戦争できる国づくりが進められています。慰安婦問題の本質はどこにあるのか、女性の人権問題に詳しい水野磯子さんに講演していただきます。






活動報告「目次」に戻る