秋の学習講演会「メディアリテラシー」



大西五郎代表委員

大西五郎代表委員

 延期した「春の学習講演会」を「秋の学習講演会」として9月25日(日)に開催します。
 テーマは「メディア・リテラシー」、サブタイトルは「報道の奥にある真実を見抜く」です。報道されたことを無批判に信じてはいけませんよ、ニュースを読み解く力を付けましょうということです。
 会場は、名古屋市栄の「名古屋市教育館」2階・第8研修室です。講演は午後2時からですが、1時30分から受付を開始します。資料代として500円頂きます。

*

 安倍首相が登場してから日本のメディアは権力のチェック機能を十分に果たせなくなっているのではないか、そんな危惧を持ってるかたも多いと思います。
 原発再稼働や安保法制などで新聞各社が世論調査を行います。すると無差別に抽出しているはずなのに、読売新聞と朝日新聞ではずいぶん違った結果が出てきます。これは世論調査の質問事項が誘導的なものになっているからです。同じようにニュースでも出来事のどの側面に光を当てるかで見え方が違ってきます。
 「放送を語る会」が「安保法案 テレビニュースはどう伝えたか」を「かもがわブックレット」として出版しました。15年9月19日に安保法制(戦争法)が強行採決されて成立しました。それまでの5か月間に、主要なテレビニュースは安保法案と国会審議をどう伝えたか、どの局が何を伝えなかったかを調査したものです。報道されたニュースと同じぐらい、何が報道されなかったかが大切なことを指摘しています。
 テレビニュースのように録画しない限り消えてなくなる膨大なものをモニター調査したものです。ルポライターの鎌田慧氏は、マスコミ・リテラシーの教科書としても貴重だと述べています。集団的作業で可能になった成果です。ここから、あるべき報道の姿が見えてきます。


政府や官庁は、メディアを利用しようとする


 政府や官庁はメディアを利用しようとします。例えばアドバルーンという言葉があります。政府や政党の幹部がある特定の記者を呼んで「ちょっと君の意見を聞きたいんだが」と相談する格好をして情報を洩らします。言われた記者にとってはもの凄い特ダネです。当然、大きく取り上げます。それに対する野党や国民の反応を見て「よし今のうちに法案を出そう」とか、少し様子を見ることにしようなどと判断に使います。これがアドバルーンです。
 講師の大西さんは、小中陽太郎氏と共著で「メディアリテラシーの現場から」と云う本を出しています。
 メディアリテラシーとは「報道されたことを読み解く」と云うことです。
 情報に接するときの私たちの基礎的な力を大西さんの講演で確かなものにしませんか。



秋の学習講演会

メディアリテラシー

講  師

大西五郎 代表委員
      (東海放送人九条の会 代表委員)
      (日本ジャーナリスト会議「東海」代表)
      (元CBC報道記者)

日 時

9月25日(日)  午後2時
       (午後1時30分受付開始)

ところ

名古屋市教育館
            第8研修室(2階)
 栄地下、セントラルパーク 10B出口から西へすぐ

参加費

500円(資料代)・学生は無料

  どなたでも参加できます






活動報告「目次」に戻る