主催企画

恒例のビデオ作品を観て、平和を語る会
今年は、名古屋テレビ制作・・・・・・・


防衛フェリーのタイトル

6月25日(月) 午後2時 〜
名古屋テレビ塔東 喫茶「エーデルワイス」2階


 いま、日本では戦争する国づくりが着々と進められている。
 集団的自衛権行使の容認・戦争法・憲法九条の改悪などシステム面で、防衛装備庁の発足などハード面で、マスコミや教育への介入などソフト面で。
 これらの事柄は日常の報道から知ることができる。ところが、国民の知らないところでひそかに戦争する国づくりが進められている。
 名古屋テレビの報道スタッフが取材の中でつかんだ有事の際に民間フェリーを活用する契約を結んでいたという事実。「予備自衛官補」という有事の際に民間人を活用する制度。
 名古屋テレビの報道スタッフは「新しい安保法制の下で、未だ報じられていない大きな変化が自衛隊の周りで起きている。その一端を知り、是非を考えるための材料を集め、視聴者に伝えることを目的として、この番組を制作した」としている。
 この番組は、第72回文化庁芸術祭で大賞を受賞した作品だが、深夜の放送であったので見逃した方も多いのではないか。この機会に見ておいていただきたい作品である。



ビデオ作品を観て、平和を語る会

・作品「防衛フェリー 〜民間船と戦争〜」(名古屋テレビ制作)
・6月25日(月) 午後2時から、
・名古屋テレビ塔東 喫茶「エーデルワイス」 2階
・参加費は無料ですが、飲み物一品を注文していただきます。
・主催:東海放送人九条の会

 





活動報告「目次」に戻る