主催企画

「ピースあいち」に行ってきました

佐藤隆三        



  朝5時ごろ、雷鳴と激しく降る雨音を寝床で聞いた。だが、その雨も朝のうちに上がり、午後2時に戦争と平和の資料館「ピースあいち」に着いたときには真っ青な空が拡がっていた。
戦争と平和の資料館「ピースあいち」   最初は地下鉄で一社まで行き、そのあと歩くつもりで地図を調べたのだが、資料館は我が家から自転車で行けるほどの距離だった。それで自転車で出かけることにした。「ピースあいち」に着いてしばらくすると、上社から循環バスで来た人たちがジアミの方から歩いて来た。今日の参加者は全部で10名だった。
  資料館の入り口で入場料を支払っていると「九条の会の方ですか」という声がした。前もってお願いしてあったので、「ピースあいち」の説明をして貰えることになった。
  説明をして下さったのは、資料館関係者の竹川日出男さん。「ピースあいち」設立の経緯から説明は始まった。土地の提供と名古屋市への働きかけ、そしてついにNPOとして運営に至った経過の説明がありました。
説明する竹川さん   そして、市民のみなさんから資料がたくさん寄せられていることにふれ、「持っていた方はもうみんな80歳を超えています。息子さんやお孫さんは戦時中の資料だと言っても興味ないのでしょうね。鉄兜にしてもゲートルにしても招集令状だってゴミです。うちに置いてあったんではなくなってしまうので、受け取って欲しいということなんですね。」と話していました。戦争の悲惨さを伝えていきたいと思っても個人の努力だけでは難しいことが推察されます。

   ここは2階が主な展示場になっています。階段を上がると、2階入り口正面の大きな空襲写真が目に飛び込んできました。三菱重工の工場が爆撃されている写真でした。隣で見ていた水谷さんが、3歳のころ大曽根に住んでいてこれを見たと言い出した。すると大幸工場ということになる。真ん中で明るいのは照明弾だと説明書きがあった。その隣の写真では名古屋城が炎上していた。金の鯱は煙に包まれて何処にあるのかまったく判らない。
  その下の展示台には直径が8センチぐらいで長さが50センチくらいの錆びた鉄製の円筒があった。焼夷弾だと説明されていた。資料では6角形と書いてあるのでそうなのだろうが、円筒のような感じだ。これが焼夷弾なのか。こんなものがたくさん空から降ってきたのだ。
   空襲写真の向かい側には、爆撃で破壊された愛知時計電機のビルを描いた油絵が置かれていた。
「ピースあいち」で竹川さんの説明を聞く私たち   入り口から左に折れた正面に展示してある大幸工場への空爆写真は空撮だ。ナゴヤドームがあるあたりから、大幸東団地があるあたりまで三菱重工のエンジン工場があった。これが爆撃されている。写真に黒い棒が何本も写っているのは爆弾が破裂して黒煙が上がっているのだろうか。恐ろしい写真だ。
   豊川海軍工廠への空爆、春日井、岡崎、一宮への空襲など、空襲の写真が次からつぎと展示されています。ここで、人々が生活し、逃げまどい、傷つき死んでいったことに思いをはせながら写真と向き合っていた。

  「ピースあいち」は2階が主な展示場になっており、4つのコーナーで構成されています。第1展示は愛知県下の空襲の状況です。愛知県は軍需産業が盛んな地域で、名古屋には、三菱重工の大江工場や大幸工場、また、愛知時計電機の永徳工場や熱田工場があり、半田には中島飛行機の工場がありました。最初はこれらの工場が爆撃されますが、次第に米軍の方針が変わって、一般市民を攻撃対象に焼夷弾を降らせる作戦に変わっていきます。展示されている写真をみていると、そのことが判るようになっています。
浮釣木(アプチロン)   第2展示は15年戦争の全体像を時系列に沿って展示し、第3展示は戦時下での人々の生活、銃後の生活がどうなっていたかを再現しています。そして、第4展示では、今なお世界のあちらこちらで引き起こされている戦争の一覧と、どうすれば人類は戦争のない平和な世界をつくりあげられるのかを考えるコーナーとなっています。これらは、資料館のみなさんが一生懸命勉強して作ったパネルだと強調しておられました。
   ただ、これらの展示品やパネルを見て私が感じたのは、けっして判りやすい展示ではないということでした。最近私たちはテレビがコンピューター映像を使って判りやすく説明するのに慣れています。そのためか文字だけのパネルで説明されたものを理解するのが苦手になっています。だが、ここではその文字だけの説明になっています。費用の問題が大きいのでしょう。でもイヤホーンを使った音声ガイドがあったらもっと楽に写真を理解できるのではないかと思いました。それと気になったのが撮影禁止です。メモ代わりに文字パネルをデジカメで撮影することも出来ません。著作権等の問題があり撮影を禁止しているそうですが、ルーブル美術館でさえ写真撮影を認めている時代に、平和運動が撮影禁止というのはちょっと納得しにくいものです。著作権の問題は権利者の了解を取ればいいわけですし、了解のとれないものだけを撮影禁止にするという方法もあるのではないでしょうか。

   短時間でしたが、それぞれ、思いおもいに展示物を見て回り、3時からは映像コーナーで「昭和と戦争、語り継ぐ15年戦争」を見ました。大型画面でしたが、色ずれが起きて見やすい映像とは言えません。でも、内容は戦争の悲惨な現実をしっかりと伝えるものでした。特に原爆を投下された広島が、軍都でありながらそれまで空爆を受けていなかったことは原爆のテスト地として温存されていたことを思わせます。沖縄住民の犠牲、満州の開拓民が日本政府や関東軍に見捨てられた敗戦時の悲劇は戦争の悲惨さを充分思い起こさせてくれます。
   映画が終わると、閉館時刻の午後4時でした。
  繰り返し何度もお客さんが足を運んでくれるような施設として発展することを祈って、戦争と平和の資料館「ピースあいち」を後にしました。
  まだの方はぜひ一度お訪ねください。地域の平和施設として支援していきたいものです。

5月14日     



活動報告「目次」に戻る










  学習会「日本国憲法の原点が
    ここにある」のDVD紹介へ