主催企画

恒例の『ビデオ作品を観て、平和を語る会』
今年は、・・・・・・・

タイトル文字
変貌する自衛隊のタイトル

6月21日(金) 午後2時 〜 4時30分
イーブルなごや(女性会館) 第2研修室


 元号が「令和」に変わり、世の中は平和に向かい繁栄がもたらされるかのごとく言われているが、本当にそうなるのか。
 安倍首相は、憲法記念日の5月3日、東京で開かれた改憲推進団体の集会に送ったビデオメッセージで「自衛隊の存在を憲法に明記して違憲論争に終止符を打つ。私が先頭に立って責任を全うする決意を明らかにする」として、2020年改憲の意志を繰り返し明らかにした。
 安倍首相の言う「自衛隊の存在を明記」とは、「内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する」というものである。その「自衛隊」とはどのような組織なのか?
 発足から65年。自衛隊は今、その姿を大きく変えつつある。戦後タブーとされてきた「空母」の保有、そして「米海兵隊」を模した精鋭部隊の創設。戦力の増強がはかられる一方で任務にも変化が起きている。
 今年1月と3月に、日本テレビ系列で「シリーズ変貌する自衛隊」が、4月にはNHKから「自衛隊 変貌の30年」と題するドキュメンタリーが放送された。
 自衛隊は今、アメリカの世界戦略に組み込まれ、「専守防衛」を捨てて攻撃を先制的に行う軍隊へと変貌しているという。
 超大国の新たな世界戦略も影を落とす中、自衛隊、そして日本の国防はどこへ向かうのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 東海放送人九条の会では、上映許可(現在申請中)が得られればこれらドキュメンタリー番組を視聴し、憲法とは何か、自衛隊をどう考えるべきか三人の専門家(東京新聞半田滋氏、憲法学者木村草太氏、市民連合中野晃一氏)の意見をDVDで聞きながら平和についての語り合いを行います。是非ご参加ください。



ビデオ作品を観て、平和を語る会

  ・日 時 : 6月21日(金)午後2時 〜 午後4時半
  ・会 場 : イーブルなごや(女性会館)第2研修室
  ・参 加 : どなたでも参加いただけます。参加無料
  ・主 催 : 東海放送人九条の会

 





活動報告「目次」に戻る