主催企画

ピース・あいちで名古屋の空襲を知る

CBC−OB 井上 鉄郎        



  私の子供時代は満州事変に始まっている。
  生まれて3ヶ月後にはこの国は大陸で戦争を始めていた。1931年9月18日柳条溝で口火が切られ、理不尽な開戦であるので思い出したくもない日支事変、日米戦争にと転げ込んでいった。
説明を聞く参加者のみなさん    米軍の空襲は東京・横浜で体験していたが名古屋での様子は知らないので当時の名古屋はどうだったのかを知りたくてこの資料館を参観することにした。
   アメリカによる本土初空襲は小学5年生になった早々に受けていたがこのときはB25の退去コースを外れた和歌山市に住んでいて、全てが終わってからそんなことがあったのかと新聞で知った程度であった。その翌年、名古屋に転居し隣組や学校で防空訓練が厳しく行われているのに驚いた次第である。それでも休日には家族と一緒に名古屋城を訪れて玩具のようなカメラを使って芝生の上の弟を写していたことなどは覚えていたが。
ピースあいちの建物   その頃既に身の回りでも縁故を頼って家族たちを疎開させる家庭が多くそうした経験の無かった我が家はのんびりしていたことを実感した。そろそろ食料の配給も厳しさを増し、そういった生活面ではよそから転入してきた我々は厳しいものを感じ始めていた。
   ピース・あいちに展示されているその頃の防空・防火体制は如何に甘いものだったかとつくづく無策を感じたが、このような戦争を我々に押し付けていた時の為政者の無知を嘆くばかりであった。
   まさに名古屋はこの国の兵器工場であった。それだけにアメリカもここを潰さなくては短期に勝ちを得られないとばかり熾烈な攻撃を仕掛けてきたのは道理である。後に続く民間人の住居を焼き払う絨緞爆撃以前に軍への武器の供給を止めようと必死の爆撃であった。
   東京でも最初のうちは工場地帯に爆弾を落としていたが、その効果が表れてきてからは戦意を喪失させるための戦術に転換して行った。
   何度思い返してもなんと愚かな戦争を始めたことか、腹立たしい気持ちのやり場が無いのは訪れた皆さん同じ感慨であったことと思われる。
   憲法改悪は阻止しなければならない。

5月14日     



活動報告「目次」に戻る










  学習会「日本国憲法の原点が
    ここにある」のDVD紹介へ