DVDを見て、ビアガーデンで交流する会

ビールの酔いに爽やかな屋上の風

佐藤隆三        



  「これまで、憲法九条は戦争の悲惨さと人類の叡智から導き出されてきたものだと学習会などで述べてきたが、この映像で戦争の悲惨さを目の当たりにし、国際連盟憲章がなぜ出来たのかが素直に理解出来る」これは大西五郎さんがDVD「第一次世界大戦のヨーロッパ」を見た感想です。
アサガオ    西部戦線では、死体がゴミのように荷車に積まれています。塹壕では、隣の兵士が撃たれて死んでも、誰も振り返る人がいません。人間の命がこれほど粗雑に扱われるのは戦争だけでしょう。
   第一次世界大戦が始まって機関銃が登場します。それまでの「総攻撃」では、機関銃によって数百人単位でバタバタ殺されていきます。戦争の形が変わっていきました。機関銃による掃射を避け、塹壕にこもるようになります。短期間で終わると思われていた戦争がとんでもなく長い戦争に変わっていきます。塹壕での生活は悲惨です。とくに雨の降り続く季節は凍傷や水虫に悩まされたようです。
   この何時決着がつくか判らない塹壕戦に対応すべく新たな兵器が登場します。戦車です。また、大砲も大型化していきます。
   空では、飛行船からの空爆に始まり、手で爆弾を投下する貧弱な木製飛行機となり、ついには、多数の爆弾を自動的に投下する飛行機に飛躍的に進歩します。戦争は産軍複合体の巨大化を導き、あらゆる技術の発達を促します。そしてそれは一般市民への無差別の殺戮に結びついていきます。
   DVD「世界は九条を恋してる」では、アフリカの青年が、「アフリカに武器を持ち込んでいるのはアメリカやヨーロッパの産軍複合体だ。武器がなければアフリカも平和になれる」と主張していました。いま、サハラ以南のアフリカは悲惨な状態です。グローバル化した産軍複合体が事態を複雑にしています。



歴史から何を学ぶか


  「DVDを見て、そのあと中日ビル屋上ビアガーデンで交流する会」は予定どおり、8月18日(日)午後2時30分から名古屋市教育館4階の第1研修室で行われました。昨年はビデオ鑑賞には8名、ビアガーデンには6名でしたが、今年は盛況で、ビデオ鑑賞には12名、ビアガーデンには11名の参加で盛り上がりました。
シャガ
   はじめに、「世界は九条を恋してる」というDVDを見ました。世界のあらゆる国の人々から、日本の憲法九条を守る運動への連帯と支援の意志表明が行われました。それは、それぞれの国で、平和は武器からは生まれない、日本の憲法九条のような戦争を放棄する憲法が必要だという痛切なメッセージでもありました。いまも、世界の多くの地域で戦争が戦われていることを想起させる映像でした。
   そのあと、「歴史に学ぶ」シリーズの「文明開化から敗戦までの日本」と「第一次世界大戦のヨーロッパ」の映像鑑賞が行われました。
   人力車が走っていた東京の映像から始まり、市電が走るようになり、日ロ戦争にと進んでいきます。日本は、第一次世界大戦の軍需景気でアメリカに次ぐ大きな利益を上げ、世界の大国になっていきます。
   その後、関東軍の謀略によって満州を中国から分離独立させ、清朝最後の皇帝溥儀を執政として満州国を成立させます。
   日本が国際連盟を脱退する際の松岡洋右日本代表の演説映像もありました。日本はいよいよ国際的な孤立を深めていきます。
   素朴だった庶民の映像がいつの間にか戦争一色に染まっていきます。
   ガダルカナルの敗戦を皮切りに、次々と敗戦が続き、東京大空襲、広島・長崎への原爆投下とつづく日本の歴史から、私たちは何をくみ取るべきなのでしょう。
   戦争は二度とやってはいけないという結論以外に何かあるでしょうか。

   オニユリ 映像鑑賞のあとの意見交換で、CBC−OBの阿部さんは自身の満州引き上げ体験を交えながら、妹さんを病院で亡くしたときの飢餓の恐ろしさを話していました。また、SF−OBの浅倉さんは、映像を見て戦争の恐ろしさ、愚かさがよく判り、同時に憲法九条に期待する世界の声に支えられている私たちの運動を思うとき、今日のDVDの組み合わせは非常によかったのではないか、と発言していました。

   このあと、中日ビアガーデンに場所を変えて交流会になりました。
   ビアガーデンの営業開始は午後5時30分です。夕方の日射しはやわらかく、少しまぶしさを感じる程度です。テーブルをつないで、横長の席が作られました。ここのビールはキリンです。ラガービールの生と黒ビールの生が注文出来ます。
   今日初参加の和田さんが紹介され、その和田さんの音頭で乾杯しました。ジョッキを傾けている間に、いつの間にか陽が沈み、三越やラシックを初め、大きなビルが遠く近く輝いています。ビールの酔いで少しほてった顔に屋上の風が爽やかでした。



活動報告「目次」に戻る










  学習会「日本国憲法の原点が
    ここにある」のDVD紹介へ