主催

立命館平和ミュージアムの日帰り見学会


  春には平和のための社会開放型展示施設として開館一周年を迎えた『戦争と平和の資料館ピースあいち』を訪ねました。秋には「ピースあいち」がモデルにしたと言われる立命館大学国際平和ミュージアムを見学する企画をたてました。
   残暑きびしい折ではありますが、ぜひご一緒に出かけましょう。


見学会の日程表

日時

9月25日(木)    (24日(水)を予定していましたが、休館日のため急遽変更になりました。)


往き道

集合:名鉄バスセンター 8時45分、出発:9時00分、
京都駅着:11時41分、市バス(50) にて立命館大学まて゛行きます。
昼食は大学構内で、元民放労連の隅井さんと昼食をともにする予定です。

見学会

13時〜15時30分 立命館平和ミュージアム見学、
  近くに竜安寺や金閣寺がありますので相談して散策します。

帰り道

京都駅前発18時30分の名神高速バスで帰ります。JR名古屋駅着は20時49分の予定。

費  用

名神高速バスの往復費用は4千円、ミュージアムの入場料は4百円、そのほか、京都市バス、昼食代、寺院の観覧料などです。




立命館大学国際平和ミュージアムの紹介


  立命館大学国際平和ミュージアムの常設展示は、地階展示室でテーマ 1「15年戦争」、テーマ2「現代の戦争」が展示され、2階展示室ではテーマ3「平和創造」が展示されています。



地階展示室


  地階展示室は、「平和をみつめて」をテーマに、戦争の実態を通して、平和な世界のために何をしなければならないのかを展示しています。
オニユリ   テーマ 1 の「15年戦争」では、1931年の満州事変から1945年の敗戦まで続いた15年間にわたる戦争の間に何が起こったのか。誰が兵士になり、軍隊では何がなされ、また国民はどのような生活をしていたのか。日本国民の被害と加害の両面から展示しています。
  「軍隊と兵士」、「国民総動員」、「植民地と占領地 」、「空襲・沖縄戦・原爆」、「平和への努力」、「戦争責任」が取り上げられます。

  テーマ2 の現代の戦争では、20世紀に人類が経験した世界を巻き込んだ世界大戦から現代の地域紛争まで、いまなお続く争いを展示するとともに、戦争を防ぐための様々な活動を展示しています。
   「ふたつの世界大戦と戦争をふせぐ努力」、「植民地の独立と冷戦」、「冷戦後の戦争」、「兵器の開発」、「現代の地域紛争」が取り上げられています。

  戦争や紛争の歴史をたどりながら、どうして紛争が起こったのか、どうしてその紛争を防げなかったのか、考えてみましょう。



2階展示室 〜テーマ 3 「平和創造」〜


  2階の展示室は、「平和をもとめて」をテーマに、人間の能力が全面的に花開くことを妨げている要因に注目し、そうした「暴力」を取り除くために活躍する市民の活動を紹介しています。
  また京都からの平和発信の部屋や、戦没画学生の遺作や遺品を展示した「いのちの画室」を設けるとともに、平和を願って描かれた絵画や児童文学者の紹介も行っています。

  第1室「暴力と平和を考える」、第2室「平和をつくる市民のカ」、第3室「平和をはぐくむ京の人びと」からなり、平和をつくるために私たちに何ができるかを考える空間となっています。
  世界の暴力の実態、それを克服するための市民の多彩な活動、そして、ここ京都での平和創造の営みが紹介されています。



「無言館」/京都館


  長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館「無言館」の京都分館にあたります。芸術家としての夢を戦争によって断たれた青年たちの生きた証が印象深く展示されています。
  無言館館主の窪島誠一郎さんのご厚意で、京都在住のエッセイスト・岡部伊都子さんのコーナー「二つの文箱」もつくられました。



「平和ギャラリー」


  戦争や平和をモチーフにする絵画5点にくわえ、2人の児童文学者(『おこりじぞう』で知られる山口勇子さんと、『ガラスのうさぎ』の作者・高木敏子さん)の紹介コーナーがあります。
  戦争の悲惨さや愚かさ、平和の尊さを感性でとらえた作品を鑑賞する空間です



「ミニ企画展示室」


  折にふれてさまざまなテーマで開催される企画展示のための施設で、市民の皆さんにもご利用いただけます。
  平和は、「どこかからやってくるもの」でも「与えられるもの」でもなく、「私たち自身の努力で創るもの」です。この展示空間が、「私たちに何ができるか」を考える場となることを期待しています。



(立命館大学国際平和ミュージアムのホームページから引用しました。)




活動報告「目次」に戻る