ホームページ作りの苦労話

佐藤隆三(THK-OB)



  東海放送人九条の会のホームページ(HP)を作るきっかけなどを書いてみます。
   それまで、会議でHPを作りたいと発言していたのは櫛田事務局長だけでした。私もHPには全く関心がありませんでした。それが、カミさんの付き合いで引山のダイエーに行った折、本屋をのぞくと「全部ただでつくる はじめてのホームページ」という本が目に止まりました。無料でつくれるのなら一度読んでみようか、と思いその本を買うことにしました。
シナマンサク    読んでみると、HPというのはタグという記号で文字を挟んで作ればいいことが判りました。<h1></h1>という記号で挟むと大きな見出しになります。<p>と</p>で挟むと本文になります。買ってきた本には、簡単にタグを付けたり、インターネットエキスプローラー(IE)で出来具合を確認できる無料のソフトが付いていました。なぜ、こんないいソフトが無料なのだと、感謝しながら、これなら作れそうだと、会報を原稿に試作品を作ってみることにしました。
  
   この時の会報は第二回総会の特集だったので使用できる素材はたくさんありました。総会の報告、前田哲男さんの講演会の報告、新しい運営委員の紹介の三ページを先ず作ることにしました。
   HPのスタイルは三つの枠(フレーム)で区切ることにしました。上に東海放送人九条の会のタイトル、左に目次、右に本文ということにしました。こうすると、いつでもタイトルと見出しが画面に表示されているからです。ところで、本を読んだと言っても一からつくる能力はありません。参考例をコピーしてきて、そこに必要な修正を加えるという手法をとりました。
   タイトルは写真を修正するソフトで作成しました。この手の美術的才能が全くないので、タイトル一つ作るのに随分と苦労しました。
   初めてですから、何かひとつに取り組むだけでも長い時間がかかります。一つやったあとIEで確認すると全然反応してくれない。それなら、こうすればどうだろう、と何回も繰り返します。そのうちにちゃんと画面に表示され、なんだカッコを忘れただけじゃないかとか、「"」を忘れただけじゃないかとか、いつの間にか夕方になっていたりします。ほとんどは簡単なミスなのですが、やっと見つけられたときの喜びで、だんだんハマってくるのが判りました。

日本種のマンサク   午前中はCBC−0Bの安藤重成さんがやっているテニスクラブでプレイを楽しみ、午後はHP作りを楽しむような日が続くようになりました。
   正月に帰ってきた娘に試作品を披露すると、メニューの作り方で厳しいアドバイスがあって、かなり大幅な作り直しをしたこともありました。
   一応サマになったかなと思い、運営委員の方へメールに添付して、試作品のファイルを送りました。誉めて貰って、HPを作ることになるといいなぁと思ったのです。ところで、HPにように、次々と移動して見ることが出来るようにするには、添付したファイルを自分のパソコンにコピーして、その中のindex.htmlというファイルを開く必要があります。ところが、それが出来たのは櫛田さんだけでした。その櫛田さんも二〇以上あるファイルを苦労して一つひとつメールから取り出し、やっと見ることが出来たとのこと。他の人は、個別のページは開けるが、HPらしい動作でみることが出来ない、というのです。これには困ってしまいました。そこで試作品をCD−Rに焼いて渡すことにしました。
  ところが、CD−Rでもダメだという人が三人もいて、悩みは深まりました。画面を三つの枠に区切る方法が問題なのかと思い、似たような方式を採っている「放送を語る会」のHPを見て貰いました。すると、これは問題なく見ることが出来ると判りました。それならなんとかなるだろうと、会議の時、私のノートパソコンを持参して、試作品の内容を見て貰いました。お世辞もあるのでしょうが、「まあまあの出来」ということで、HPを作ることが決まりました。

梅の花   サーパーをレンタルしてHPをアップしたのですが、どうも最初思ったほど出来がよくないことに間もなく気づかされました。櫛田さんが教えてくれたIさんやNさんのHPを見に行ったのが原因です。さすがにベテランは上手につくる。全く足下にも及ばないというのが感想です。私の作ったもので特に冴えないのはタイトルです。それまでは、色のついた楕円を描き、それを座布団のようにして、その上に文字を乗せていました。これが貧弱な印象を与えていたようです。それで、「ただでつくる」本の付録に入っていた、LOGOという無料ソフトでグラデーションを使って派手なタイトルを作りました。東海放送人九条の会のタイトルは目立ちすぎないように灰色にしましたが、戦時・戦後体験は赤と黒のグラデーションというようにカラフルにもしました。これで少しはサマになったようです。

     次は、検索サイトが「東海放送人九条の会」を検索してくれるかどうかが課題です。検索に引っかかるようになるには一ヵ月から四ヵ月かかるという話を聞きました。それであわてず待つことにしたのですが、それでもただ手をこまねいて待つのではなく、やれることはやらねばなりません。
   検索登録には、ロボット型といって、検索エンジンが勝手にそれぞれのサイトを訪問してインデックスを作る方法と、登録型といって、申請してインデックスに登録してもらう方法があります。グーグルはロボット型で、ヤフーは登録型とロボット型の併用です。
福寿草   登録型では、どのようにして登録するのかなかなか判らないという問題がありました。だが、それ以上にロボットでは解決が難しい問題がありました。今回作ったHPは目次がいつでも見られるように、三つの枠でひとつのページを構成するフレーム方式を採用したのですが、この三つの枠をまとめるindex.htmlには文章がひとつも入っていないのです。検索エンジンはこのindex.htmlを訪れるわけですから、このHPには情報がないと判断してしまいます。この検索エンジンとの相性の悪さがフレーム型HPが使われなくなった理由なのだそうです。
   フレーム型に対応していないブラウザ用にタグで<noflames>というのがあります。ここにHPの内容を紹介することになっています。そこで、このタグの後に、東海放送人九条の会の簡単な説明を書きました。これでここが東海放送人九条の会のHPだと理解してくれるだろうと期待したのです。
   ところが、期待は裏切られました。
   十日ぐらいで、グーグルの検索に引っかかるようになったのですが、わがHPは一ページ目の一番下に表示されているではありませんか。こっちが本家だというのに、昨年愛大九条の会と一緒にやった講演会のお知らせブログが一番上に載っているのです。
   一番下というのは、<noflames>の文章が足りないせいだろうと今度は「会の紹介」の文章を丸ごとコピーして、<noflames>に書き足しました。
   今度は大丈夫だろうと1週間ほど待ったのですが、三番目くらいまでは上がったのに一番上にはならないのです。こっちが本家なのだと何度グーグルを呪ったことでしょう。
   「インターネット九条の会」というHPにその対策が書いてありました。一番いいのはフレーム型を使わないことだと書いてありました。そして、どうしても使いたいときには、こうしたらいいと。
   それは、<noflames>にサイトマップを書くといい、というアドバイスでした。
   早速サイトマップを作りました。また、「東海放送人九条の会HP」というキーワードを余分にいくつも追加しました。 そしてある日、晴れてグーグルの検索ページのトップに私たちの東海放送人九条の会が表示されるようになったのです。そのことを私は知りませんでした。会議の席で立松さんから教えられ、早速家に帰って確認すると、確かに一番上に燦然と「東海放送人九条の会」の文字が輝いているではありませんか。

有楽という品種の椿   こんな苦労をしながらHPの管理をやっていますが、なかなか投稿が集まりません。投稿が多くなり、見に来る人が多くなればこのHPも充実したものになると信じて、楽しみながらHPの管理をやっています。最近は「会員のこえ」も少しずつ増えてきました。
   いまでは、グーグルでもヤフーでも、「東海放送人九条の会」か「tokaicue」で検索出来ますのでぜひ週に数回は読んでやって下さい。そして投稿をぜひお願いします。



こえ「目次」に戻る