設楽ダム建設予定地を見学して

2011.10.28  佐藤隆三 (THK-OB)     



 10月19日、放送東海地区OB会で、設楽ダム建設予定地の見学に行ってきました。 ナナカマド 秋晴れの暖かな日です。稲武の道の駅「どんぐり」に集合してから設楽町田口に向かいました。稲武からしばらく行くと、後は曲がりくねった下り坂になります。田口は山奥なのに標高の低いところに位置していました。
 案内してくださる伊奈紘さんが田口の奥三河総合センターで待っていてくださいました。伊奈さんは小・中学校で校長を経験した人で、今は「設楽ダムの建設中止を求める会」の副代表です。
 食堂で予約しておいた弁当を食べたあと、会議室に移動して「中止を求める会」の資料に基づいて設楽ダムの現状と問題点の説明を受けました。私には設楽ダムの問題点の大まかなところが判っていないので、伊奈先生の説明が国交省との具体的な交渉内容を含む細かなものに及ぶと、なかなか理解できず苦労しました。
 伊奈先生の話から私が理解出来たところをまとめると、水不足対策としてのダムは必要ないということだった。数年前まで夏の渇水期には宇連ダムの貯水率がどうのこうのと給水制限されたニュースをよく聴いたものです。だがその後、大島ダムがつくられ、4つの調整池という溜め池がつくられ、また、寒狭川から豊川用水に取水出来るようになったことで水道用水は潤沢になり、10年ちかく節水制限ゼロが続いています。
 それで国土交通省は、ダム建設の理由として治水を持ち出してきました。洪水対策です。だが、設楽ダムが造られるのは山奥の狭い地域です。その付近の豪雨が下流に流れるのを止めたとしても大きな治水効果はありません。しかも、さきほど車で走ってきて判ったのですが、田口は谷底のような場所の少し小高い地域に街作りが行われている。ダムが標高450Mの場所まで水没させる予定なのに田口の標高は460M程度だ。余裕がない。田口は設楽町の人口の半分を占める。その場所がダム湖によって洪水になるなら放水することになるだろう。つまり、豪雨のときにダムが放水するのだ。これは台風12号のとき紀伊半島で経験したことだ。治水どころか洪水被害が拡大した。
ホトトギス  しかも、この付近の地質が非常に脆いことも教えてもらった。ダムのアーチの両袖部分を覆っている岩盤に問題があることは国交省も知っている。資料があった。国交省設楽ダム工事事務所が伊奈先生の質問に回答したファックスだ。そこには、「地質調査をした右岸周辺の地質条件は上流側に比べると、あまり良好でないと確認されています」と書かれている。確かに国交省も脆い岩盤であることを認めているのだ。その上で、より地質条件のよいダム位置の検討を進めていると書いている。しかし、後でダム建設予定地を案内してもらったが、そんな都合のいい場所はないのだ。このごまかしてでも工事を進めてしまうやり方は原発建設のやり方によく似ているように思われてならない。原発では放射性廃棄物の最終処理が出来ないのに原発が次々と造られ、安全神話の下で危険が放置されて今回の福島第1原発の事故につながった。ダムも集中豪雨のときに決壊して未曾有の被害を出したときに、あの工事は脆い地盤に無理して造ったためだと言い訳されても間に合わないのだ。
 説明のあと、現地を案内してもらいました。
 田口鉄道の線路があったと云う谷川沿いに走る狭い道から見ると、ダムが造られる辺りは両側に山が迫ってくる。その山の尾根付近から堰堤が造られるのだ。立っている場所から130m上に造られる。少し上流側は山が離れていく。ダムが造られる場所は極めて限られている。脆い地盤を避けるのは難しいことだ。しかも、そこが特に酷いというだけで、山全体が断層があったり亀裂が入ったりしてやはり脆い岩盤なのだ。地下水脈がダムの圧力で湖岸を決壊させるおそれもある。
バラ  断層が露出しているところに案内してもらった。断層粘土という黒い石のようなものを伊奈先生が持ち上げた。少し強く握ると、泥のように軟らかいものだった。一方、少し上の方につるつるした岩がある。これが鏡肌と云って滑ったあとに残った岩だ。ここは正断層だという説明があった。このような断層が至る所にあり、岩には亀裂が入っている。
 ダム湖に沈む山林の樹木には白いテープが巻いてあった。補償対象として登録された印だ。直径5センチ以下の枝のようなものにもテープが巻いてある。この辺りの地盤は脆く、のり面の土が崩落して樹の根で辛うじて支えられている。これらの樹木がダム建設にともなって伐採されたら湖岸が崩落し、湖底を埋めてしまうおそれがある。
 次ぎに、狭い道を通って、立木トラストが行われている山に入った。ここで事前に申込みをしておいた水野さんが自分の名前の書かれた木札を大きな杉の幹に結わえた。足を踏み外したら谷底まで転げ落ちそうな怖いところだ。よくこんなところに植林出来たものだ。ここの山主さんたちは設楽ダム建設に反対している。だが、他の多くの山主はダム建設に賛成である。今林業はほとんど成り立たない。ところがダム湖に沈む立木は1本1万円ぐらい補償される。家が建っている敷地も、この田舎の坪単価で補償されるわけではない。新城市に新たな土地を求めることが可能な値段で補償されるようだ。だから、水没地域に住む人たちにはダム推進派が多い。田口地区の人には反対派が多いようだ。ぐるっとダム湖に囲まれて、この軟弱な地盤がどうなるのか。
 また、下流域の人たちも反対に加わる。ダムが出来て川に砂が流れなくなる。すると、川底の石に生える苔が流砂で削られなくなり、新しい苔が生えなくなる。するとそれを食べる鮎も生息できないというわけだ。ダムが出来て川が死ぬ。川だけでなく、河口の砂浜が痩せていく。
ノコンギク  元町長だという人の自宅のあるところに案内された。設楽ダムは総貯水量、7千〜8千万トンのロックフィルダムとして計画された。ところが、平成8年に総貯水量1億トンのコンクリートダムに変更された。この結果、元町長の自宅が水没することになった。小さな庭木にも補償の札がついていた。
 話を戻す。立木トラストの木札をつけたあと、Uターンが出来ないのでそのまま進んだ。松戸地区という小さな集落に出た。ダムができても水没しない集落です。立木トラストが行われている樹木はこの地区の人たちが所有するものだ。ずいぶん高いところにあるのに水田が造られている。豊富な水が山から流れて落ちてくるようだ。どんな地下水脈になっているのだろう。この付近がさきほど触れた、脆い岩盤の右岸域だ。
 伊奈先生が、この付近の地形は実は非常に珍しいものだと教えてくれた。突き出た尾根が先端で2つに割れている。その真ん中が水田になっている。尾根が2つに割れるような何かが起こって出来たのでないかというのです。ダムが出来たらこの地盤が崩壊するのではないかと心配しています。だから、ここの人たちは水没する森林の地主でありながらダム建設に反対しているのです。
 もし崩壊しないとしても陸上交通からは孤立してしまう地域です。田口から長大な橋が架けられる約束になっている。だが、約束と聴いて水野さんが東海テレビの徳山ダムを扱った番組を言い出した。「約束」というドキュメントで、これは徳山ダムだが、ダム湖で孤立した地域へ道を造る約束が反故にされたことを告発した番組だ。田口からの長い橋だってどうなるか判ったものではない。
 登ってきた道と水田を挟んだ反対側にあるダムの右岸予定地に向かって歩いた。馬の背のような狭い尾根だ。ダム側は深い崖になっている。しばらく戻る方向に進むと谷底から掛けられた鉄製階段のところに出た。この辺りがダム堰堤の右岸に想定されているところだ。こんな異常な地質のところに、しかもこんな狭い尾根が連なっているところに。不安がつのってくる。
 資料によれば、設楽ダムが予定されているのは段戸山を水源とする寒狭川で、神田山を水源とする宇連川が合流し、豊川となって新城を通り、豊川、豊橋と流れて三河湾に注いでいる。昭和30年代後半まで豊川の河口ではハマグリが取れ、潮干狩りではアサリが持ちきれないほど取れたといいます。それが三河湾の埋め立てが始まることでハマグリが姿を消し、アサリも採れない年が出てきた。それでも、河口の六条潟は奇跡の干潟です。アサリが全滅した翌年でも稚貝が湧いてくる。その稚貝で愛知県がアサリ漁獲で日本一になっている。奇跡の干潟の秘密は砂だそうです。豊川が、山から岩石を砕きながら何年もかけて運んできた砂です。この砂は他の河川にはないとダムに反対している加藤正敏さんは法廷で述べています。
 ダム湖は水がよどみ、濁りゴミを浮かべる死んだ水です。水にとって流れるということが如何に大事かは一度ダム湖を見れば判ります。ダムによって清流が殺され、自然が破壊されようとしています。それが奇跡の干潟さえも殺してしまう。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ