「心の自由と平和憲法」の講演を聞いて

2011.11.29  大西五郎 (CBC-OB)     



 11月26日総会後の東海放送人九条の会と愛知大学九条の会の合同講演会「心の自由と平和憲法〜君が代強制と私たちの人権と平和」が行われました。 石蕗 講師の愛知大学長峯信彦教授は大阪府議会で橋下知事(当時)が主導する維新の会が学校行事で「教職員に君が代の演奏に対して起立・斉唱を義務付ける」条例を成立させたが、これは「9条排除」に向けての精神的・物理的な流れの中で起きていることで、戦前の精神的支柱の復活をはかろうというものであると解明されました。

 私は1933年(昭和8年)生まれで、小学校に入った時は日中戦争は始まっていて、2年生の時にアジア・太平洋戦争が始まりましたので、小学生時代を戦争の中で過ごしました。ですから今でも「我が大君に召されたる 生命光栄えある朝ぼらけ」(出征兵士を送る歌)や「土も草木も火と燃える 果て無き曠野踏みしめて 進む日の丸鉄兜」(露営の歌)などがスッと口に出てくる悲しい世代です。「お前たちは天皇陛下に召されたら勇んで戦地に向かい、天皇陛下の御為に喜んで命を捧げよ。戦争で死ねば靖国神社に神として祀られる。こんな名誉なことはない」と言われて育ちました。
 ですから私は「君が代」と「日の丸」に特別な感情を抱いています。
 長峯先生が講演の中で紹介された君が代演奏時に起立・斉唱しなかった教員に対する不利益処分は憲法に違反しないという最高裁第一小法廷判決五人の裁判官のうちの一人宮川光治裁判官の反対意見「国旗敬礼・斉唱は多くの人々にとっては心情から自然に、自発的に行う行為であり、儀式におけるマナーでもあろう。 紅葉した桜 しかし、そうではない人々が我が国には相当数存在している。それらの人々は『日の丸』や『君が代』を軍国主義や戦前の天皇絶対主義のシンボルであるとみなし、平和主義や国民主権とは相容れないと考えている。そうした思いはそれらの人々の心に深く在り、人格的アイデンティティをも形成し、思想及び良心の自由として昇化されている。
 多数意見は、起立斉唱命令は慣例上の儀礼的な所作であって教師たちの歴史観・世界観それ自体を否定するものではないとしている。多数意見は、式典での起立斉唱行為を「一般的・客観的な視点でいわば多数者の視点」でそのようなものであると評価している。しかし、およそ精神的自由権に関する問題を、一般人(多数者)の視点からのみ考えることは相当ではない。」
―― は私の気持ちにぴったりの説です。

 長峯先生は、「9条排除に向けての大きな流れ」の三つの特徴として、
一つは「軍の論理が憲法の論理を上回る」として、イラクへの自衛隊の派遣や有事法制(武力攻撃事態法)など、
二つには「国家が市民を管理する体制」としてメディア規正法(個人情報保護法、人権用語法など)や有事法制(国民保護法)→「民間防衛の名の下に報道機関や自治体への公権的統制」の正当化を、
三つ目として「戦前の精神的支柱の復活を新たに衣替えして復活」で、教育基本法に愛国心の明記、小泉首相(当時)の靖国神社参拝、「昭和の日」の登場を挙げ、その集結点としての「君が代斉唱起立」問題をあげられましたが、考えてみるといつの間にか「いつか来た道」に戻そうとする力が強まっていることに私たちはもっと敏感になり、声を上げていかなければならないと講演を聞いて思いました。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ