私には「君が代」は歌えない

2012. 1.22  大西五郎 (CBC-OB)     



最高裁が「君が代問題で処分は裁量の範囲内」


 卒業式などの式典で君が代を斉唱しなかった公立学校の教職員に対する東京都の処分の是非が争われた裁判で、 シナマンサク 最高裁第一小法廷は1月16日、「日の丸に向かって起立せず、君が代を斉唱しないのは、職務命令違反であり、式典の秩序や雰囲気を一定程度損なった。職務命令は憲法第19条に違反するものではなく、学校の規律や秩序維持の見地から重きに失しない範囲で懲戒処分することは裁量の範囲内と解される。」と東京都(教育委員会)の処分の正当性を認めました。「しかし動機や原因は教員個人の歴史観・世界観に起因する。また積極的な妨害ではなく、物理的に式の進行を妨げるものでもない。減給や停職は給与や将来の昇級に不利益があることから(重い処分は)慎重に判断すべきだ。」という見解も示しました。



憲法第19条に反する最高裁判決


 昨年11月26日の第6回定期総会のあとの「心の自由と平和憲法」という記念講演で、長峯信彦愛知大学教授は、日本国憲法は「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」(第19条)としている。教員の思想・良心に反して君が代斉唱を強要することは憲法に違反する。最近学校教育の場に「愛国心」が持ち込まれたり、学校の式典などで「君が代」斉唱を強制する動きが強まっているが、戦前の精神的支柱を復活させ、憲法9条を実質排除しようとする動きであると指摘されました。



マスコミは最高裁新判決を評価する論調


 テレビは16日の夕方から、新聞は翌17日の朝刊で一斉にこの判決を報道しましたが、「行き過ぎ処分に歯止め」(朝日新聞社説)など判決が重い処分は慎重に判断すべきだとしたことを評価する論調でした。
 しかし私は憲法の番人である最高裁が「戒告程度の処分は憲法に違反しない(思想・良心の自由を侵すものではない)」というのはおかしいと思いました。そこで朝日新聞に最高裁判決を批判する以下のような投書を送ったところ、22日朝刊の「声」欄に掲載されました。



(新聞に掲載された投書)
「私には『君が代』は歌えない」

 君が代を斉唱しなかった教員らに対する東京都の処分が争われた3訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷が「減給・停職は慎重に」とする判決を下しました。しかし、判決は君が代斉唱を強制する命令自体は思想・良心の自由を定めた憲法19条に違反しないとの判例を踏襲しました。
 私は納得できません。1999年の国会審議で野中広務官房長官(当時)は式典での国旗掲揚や国歌斉唱について「国として強要したり義務化したりすることはない」と明言しました。ところが都教委は事実上、義務化・強制しているのです。
 私は戦争中、国民学校で「天皇陛下のご命令は絶対。陛下の御為に喜んで命を捧げよ」とたたきこまれました。君が代は日本に多大な不幸をもたらした軍国主義の象徴でした。だから私は戦後66年たった今でも君が代を歌いたくありません。宮川光治裁判官が今回の反対意見で指摘したように、君が代に同じ思いを抱く人は少なくありません。だったら君が代の強制ではなく皆が喜んで歌える新しい国家を作るべきだと思います。



マスコミへの疑問は削られました


さざんか

 投書の分量は「13字32行」という規定があるということで、私の書いた原文の一部が削られました。文章が整理されて簡潔になった部分もあります。しかし削られた項目もありました。それは野中官房長官が「日の丸、君が代を強制したり義務化することはない」と言ったことについて、「最高裁の判事さんたちはこのことをどう受け止めているのでしょうか。マスコミはどう考えるのでしょうか。」と、思想・良心の自由との関係で処分そのものを認めるのかと、マスコミの論調に疑問を投げかけた部分です。朝日新聞その他のメディアに答えて欲しいと思っています。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ