JAXA法の平和目的削除に
              反対の署名運動広がる、
  秋山豊寛宇宙飛行士(元TBS)らが呼びかけ

2012. 3. 8  大西五郎 (CBC-OB)     



 きょう(3月8日)の毎日新聞23面に「JAXA法改正に異議」という記事が載っていました。 ザゼンソウ JAXA(宇宙航空開発研究機構)設置法から「研究は平和目的に限る」という条項を削除する方針に対して、元宇宙飛行士で京都造形芸術大学の秋山豊寛教授(元TBS)や国際政治・平和学者の浅井基文氏ら6人が呼びかけ人になって改正に反対する署名活動を始めたというもので、1段28行の短い記事です。
 こんな大事なことをページの下の方の目につきにくいところに短く載せる毎日新聞の扱いも疑問ですが、改悪反対をアピールしたグループが記者発表したと思うのですが、朝日新聞や中日新聞はこのことに触れていません。マスコミの平和感覚が鈍っていることが心配です。
 内閣府の宇宙開発戦略本部が、JAXA法から「研究は平和目的に限る」を削除する方針を固めたということは1月16日付けでこの「ものみやぐら」で紹介しましたが、インターネットでも“JAXA for Peace” Apeal を読むことができます。呼びかけ人は秋山さん、浅井さんの他に安斎育郎立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長、宇宙物理学者の池内了総合研究大学院大学教授、小出五郎元NHK解説委員、アメリカ経済学・核軍縮論の藤岡立命館大学教授が名を連ねています。そして賛同署名をインターネットを通じて送ることもできますので、私は早速署名を送りました。
 ぜひ http://jaxaforpeace.a.la9.jp/ を開いてアピールを読み、署名を送ってください。

(上記URLをクリックするとアピールと賛同署名のHPが開きます)




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ