会の活動が「赤旗」で紹介されています

2012. 3. 31  佐藤隆三 (THK-OB)     



しんぶん赤旗に載った紹介記事

 今朝(31日)のしんぶん赤旗で、東海放送人九条の会のことが紹介されていました。上のような記事ですが、このままでは読みづらいと思いますので、全文ご紹介します。


★   ★


憲法問題ネットで発信


インタビューを受ける2人

 愛知県を中心に活動する「東海放送人九条の会」は、放送関係者の立場から憲法9条を守ろうとインターネットも使った積極的な情報発信に取り組んでいます。会の代表運営委員を務める大西五郎さん(78)、事務局長の水谷芳孝さん(71)に話を聞きました。
 会は2006年に結成。主に愛知県域の民放テレビ、ラジオ局、NHKの元労働者が集い、会員数は約140人に上ります。活動内容は講演・学習会、知多半島の戦跡巡りなど多岐にわたりますが、特に力を入れているのがインターネットです。会のホームページには、憲法問題はじめ原発事故やメディアのあり方など会員の投稿した論考を100本以上掲載し、活発に意見交流しています。



橋下、河村市長へ


 大西さんは、ホームページで橋下徹大阪市長に「大学に入り直して、憲法をもう一度勉強し直すべきだ」と訴えました。市長の「思想調査」を批判したものです。改めて「虚から実をつくるやり方で、小泉元首相と同じだ」と断じます。
 「思想・信条の自由、労働者の団結権は憲法の基本中の基本で、法律家である橋下市長がそこを無視している。
 マスコミは彼の姿勢を批判すべきだし、大阪府労働委員会が「思想調査」の中止を勧告したことにも敏感にならないといけません」
 地元の名古屋市で、河村たかし市長が南京大虐殺を否定する持論を南京市代表団に語った件でも、大西さんは憤ります。約10年前に南京の虐殺記念館を訪ね、犠牲者の女性と話しました。旧日本兵に父母や叔母を殺されたという女性は、銃剣で刺された体の傷を見せてくれました。



マスコミの役割


 「若い人で、南京大虐殺そのものを知らない人が増えました。それは私たちマスコミが、きちんと虐殺について伝えてこなかったからなんですね」
 中部日本放送で報道を担当した大西さん。講演では湾岸戦争などを題材に「メディアが伝えること、伝えないこと」を分析します。元放送労働者として、憲法を語り広げる使命を痛感しています。
 NHK名古屋のカメラマンだった水谷さんも、「9条があることで、日本は世界各国からいい印象を持たれていると思う。会員をもっと増やしたいですが、地道にやっていきます」と語りました。


★   ★


 本文は以上ですが、他に、明日の学習講演会のことも紹介しています。しんぶん赤旗だけでなく、一般商業紙でもぜひ取り上げてもらいたいものです。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ