数土文夫NHK経営委員長の      
   東京電力取締役との兼任は許されない

2012. 5. 19  櫛田稔 (NBN-OB)     



カキツバタ

NHK報道の公正が保たれないとしと、東京電力社外取締役への就任内定が問題視されている 数土(すど)文夫NHK経営委員長(JFEホールディングス相談役)は、5月16日、朝日新聞などの記者質問に対し「制度上も法的な問題もない。経営委員は個別の番組内容に触れられないと決まっている」と言って兼任を正当化し、東電取締役就任についての意欲示したと報道されました(5/16朝日)。



数土文夫氏に公正は守られるのかを検証する


3/13のNHK経営委員会議事録(NHKのHPに公開http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1162.html)を読むと、石原進経営委員(九州旅客鉄道会長)が夏の電力不足をあげてNHK理事側に「国民に危機感を持ってもらわなければならない」とNHK編成方針に注文をつけ、数土委員長も「石原委員の言ったことに対しはまた考えていただきたい」と念押しをする露骨な放送内容への注文(介入)を執行部側にしています。
この議事録を読んだだけでも数土氏が「制度上も法的な問題もない。経営委員は個別の番組内容に触れられないと決まっている」と記者に言った記事が空しく聞こえます。朝日新聞などの記者連は誰もこの議事録を読まずして数土経営委員長に取材をしたのでしょうか。



何故、NHK経営委員長と東電役員の
兼任は両立しないのか


NHKは今後も長期間にわたって毎日のように取材して、東電の放射能汚染問題、日本の原発問題・エネルギー問題のあり方を掘り下げて報道し続けなければなりません。
民放と比べものにならない程NHKは、原発問題のドキュメンタリー番組を数多く放送し、視聴者の知る権利に前向きに応えています。
NHK執行部(理事)を視聴者の立場に立って監督しなければならない立場にあるNHK経営委員会のトップが、報道対象の東京電力の社外取締役に就任することとは、非常勤役員といえども許されるわけがありません。
公正な報道を何よりも優先しなければならない公共放送の経営委員長というトップの立場と、経営破綻して事実上政府の支配下に入る東電の役員という立場は、複雑に相容れない矛盾を内包しているから例え政府や東電側から役員就任の要請があったとしても、職責の重さからして立場上断るべきです。
仮に東電側から取締役就任要請があったら「NHKという報道機関を取り込もうとしているのではないか」と先ず疑って判断しなければならないでしょう。この最低限の見識も有るのかどうかを疑いたくなる事態です。



「非当事者原則」に真っ向から反する
加害企業の役員就任


「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティー(代表:醍醐聡東大教授)」も5/14提出の数土委員長宛の「社外取締役就任の撤回を求める要望書」で、「メディアに携わる者の基本と言うべき非当事者原則に真っ向から反し、政治からの自立に関する視聴者の信頼を大きく損なう」と指摘し、東電役員への就任の撤回か、経営委員長の辞職かの二者択一の選択を求めています。
これまでもしばしばNHKの放送編集内容に口出しして介入実績のある自民党ですら、「数土氏に東電社外取締役就任なら、衆参両院の総務委員会でその理由を説明してもらわなければならない」と数土氏に伝え、「加害企業の東電取締役と報道機関のNHK経営委員長との両立は出来ない」「公正な放送が可能なのか」と次々と批判意見が幹部から続出しているそうです。
数土経営委員長が東電の社外取締役就任に少しでも疑問を持たれたお方は、是非NHKホームページhttps://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgiに自分の意見を400字以内にまとめ「視聴者の声」として伝えましょう。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ