沖縄米兵傷害
      「酔って記憶ない」では済まされない

2012.11. 6  大西五郎 (CBC-OB)     



 11月6日の毎日新聞によりますと、沖縄県読谷村で民家に侵入した男に男子中学生が殴られた事件で、沖縄県警が5日、 皇帝ダリア この米兵を住居侵入と傷害、器物損壊容疑で任意に事情聴取しました。調べに対し米兵は「居酒屋に行ったことは覚えているが、その後のことは酔っ払っていてよく覚えていない」と供述しているということです。
 県警によりますと、米兵は居酒屋について「当日は2回行った。ビールやウイスキーを飲んだ。その日は他の店でも飲んだ」と話しているそうです。
 別の日の記事で、遅くまで居酒屋で飲んでいたこの米兵に、居酒屋の主人が「外出禁止の時間だからもう帰ったほうがいい」と注意したところ、米兵が突然暴れだし、店を出てから同じ建物の3階の家に行き、寝ていた中学生の顔を殴ってケガをさせ、部屋のテレビを蹴って壊したということです。
 居酒屋までと居酒屋での当日の行動を覚えていて、民家に侵入したことは「酔っ払っていてよく覚えていない」ということですが、民家に侵入したことを覚えていない程酔っていたのに、その前の行動の記憶だけは細かく覚えているということがあるのでしょうか。私も酒を飲みますが、その時の行動を覚えていない程深酒をしたことがないのでよくわかりませんが。
 仮にそうだとしても、米兵の行動が問題になっており、午後10時から翌朝5時まで外出禁止令が出ているのに、深夜に飲み歩いていたことをどう受取ればいいのでしょうか。米軍司令部が綱紀粛正に努めるといい、再発防止のために深夜の外出禁止という措置をとっても、アメリカの兵隊たちは同じアメリカ兵が犯罪を犯して日本国民に迷惑をかけて申し訳ないという気持ちなど持っておらず、「あの野郎のためになんで俺たちまでがこんな目に遭わなきゃいけないんだ」ぐらいにしか思っていないのではないでしょうか。
 犯罪や事故を起こしても「公務中」だと云えば日本の警察に拘束されたり、裁判にかけられることもない。公務外の時でも基地に逃げ込めば、日本の警察は追ってこない。沖縄県の仲井真知事が指摘するように、アメリカ兵は地位協定に守られて治外法権であると思っているようです。
 沖縄県民は地位協定の改定を要求していますが、日本政府はアメリカに対して交渉の申し入れもしようとしていません。独立国の政府といえるでしょうか。アメリカの軍隊は安保条約によって日本を守るために日本に駐留しているのではなく、米高官の言明のように「アメリカにとって必要」、つまりアジアから中東までを睨んだ軍事的プレゼンスとして日本にいるのです。だからアジア・中東に出かけて行くのに都合がいい沖縄に日本にある米軍基地の70%以上が集中しているのです。
 アメリカ兵の犯罪の再発防止策は、アメリカの軍隊が沖縄から出ていくことです。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ