ユダヤ人迫害と向き合うフランス
      「負の遺産」否定の日本の政治家

2012.11. 9  大西五郎 (CBC-OB)     



 昨年7月の本欄で「黄色い星の子どもたち」というフランス映画のことを紹介しました。 もみじ 「黄色い星」というのはユダヤ教あるいはユダヤ人を象徴する正三角形2つを逆に重ねた「ダビデの星」といわれる印のことです。第2次世界大戦でフランスがドイツに占領された時に、フランスでもユダヤ人迫害が行われ、ユダヤ人の子どもは服にこの「黄色い星」をつけることが義務付けられました。
 映画では、1942年7月にフランス警察はドイツ占領軍に命じられてユダヤ人の拘束と収容所への連行を行いました。16日から17日かけてパリだけでも1万3000人のユダヤ人が検挙され、屋内競輪場のヴェルディブに押し込まれます。やがて親子が引き裂かれ、別々にアウシュビッツに送られますが、アウシュビッツに送られる寸前に脱走した少年が戦後最初に収容されたヴェルディブで親切にされた看護師と再開します。(詳しくは2010年7月の「会員のこえ」をご覧ください。)
 私はこの映画を見るまでフランスでもユダヤ人迫害が行われていたということを知りませんでした。フランスではこの後も「サラの鍵」という同じくユダヤ人迫害を告発する映画が作られました。
 パリのユダヤ人一家が警察に連行される寸前にサラという少女が弟を納戸に隠し、カギをかけますが、収容所を脱走して親切な老夫婦に助けられて家に帰り納戸の鍵を開けると弟は死んでいました。(こちらも昨年10月の「会員のこえ」に書きました。)
 最近フランスで作られたこの2つの映画を見て、フランスでは過去(戦争中)に起きた自国の「負」の部分にも目を背けずに向き合っているのだと感じましたが、11月7日の朝日新聞の「世界発」に「ユダヤ人迫害と向き合う仏 収容所跡を次々記念館に」という記事を見つけました。「第2次大戦中のユダヤ人迫害の記憶を伝える記念館が9月、次々とフランスにできた」というこの記事は、フランスの政府が祖国の「負の遺産」と正面から向き合う姿勢を示していることを伝えています。
四季桜  南仏プロバンス地方にレミルという所があります。ここにあった屋根瓦やレンガを作る工場が、ユダヤ人や外国人の収容所になりました。この収容所がこの9月に歴史記念館に生まれ替わりました。レミル収容所は、ドイツに降伏後の対独協力政権だったビシー政権下にあったフランス南部の収容所の中で、当時の姿をとどめる唯一のものだそうです。保存運動が続けられ当時の収容所の様子を再現する記念館になりました。この歴史記念館の開会式にオランド大統領の代理として出席したエロー首相は「レミルの歴史はフランスの歴史です。社会の一部に根づいていた反ユダヤ主義は、国家の主義になってしまったのです」と国の責任を明らかにしました。保存運動の先頭に立ったユダヤ系の社会学者で、初代館長に就いたアラン・シュラキ氏は「二度と過ちを繰り返さないと口で言うだけでは不十分で、繰り返さないために何をすればいいか。収容所はそれを教える場なのです」と語っています。
 また、同じ9月の21日にもパリ郊外のドランシーにユダヤ人迫害の記憶を刻む記念館ができました。レミル収容所から2千人のユダヤ人がドランシー経由でアウシュビッツに送られました。
 日本でも、日露戦争の時のロシア兵の収容所や第1次世界大戦のドイツ兵収容所で、そこの住民との間で人間的交流があったということが、私たちの心を和ませてくれます。アジアの国々を侵略してそこに住む人たちに多大な被害を与えたことを反省した「村山談話」や従軍慰安婦問題に国家の関与があったことを認めた「河野談話」もありますが、その一方で、朝鮮半島の人たちに対する差別扱いや従軍慰安婦問題、南京大虐殺を否定し、村山談話、河野談話の訂正を要求する政治家もいます。また今年の8月15日にA級戦犯が祀られている靖国神社に「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が集団で参拝し、野田内閣の2人の閣僚、松原国家公安委員長と羽田国土交通相も参拝しました。秋の例大祭が行われていた10月17日には自民党総裁に返り咲いた安倍晋三元首相も参拝し、記者団に「首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ」と語り、再び首相になったら首相として靖国神社に参拝する意向を明らかにしました。
石蕗(つわぶき)  これらの政治家の考え方の根底には、満州事変からはじまって、日中戦争、アジア太平洋戦争が侵略戦争であったことを否定し、過去の日本の過ちに目を向けようとしないということがあります。
 ドイツのヴァイツゼッカー大統領が第2次世界大戦でドイツが降伏した記念日の1985年5月8日にドイツ連邦議会で行った演説「過去に目を閉ざすものは結局のところ現在にも盲目となる。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険にも陥りやすいのだ」という演説の意味を日本の政治家はよく噛みしめてほしいと思います。  また最近、尖閣列島や竹島の問題にからんで、両島の領有権を主張するだけでなく、中国や韓国を誹謗する変なナショナリズムを煽る、ネトウヨと呼ばれる人たちの主張がネットで横行しています。ヴァイツゼッガー演説には「若い人たちに、かつて起こったことの責任はないが、その後の歴史の中でそうした出来事から生じてきたことに対しては責任がある。若い人たちにお願いしたい。他の人々に対する敵意や憎悪に駆り立てられることのないように。敵対するのではなく、たがいに手を取り合って生きていくことを学んでほしい」もあります。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ