中国の知人たちは日本の「改憲」、右傾化を懸念

2012.12.28  加藤剛 (CBC-OB)     



 12月12日から2泊3日で南京を訪問しました。平和を願う僧侶と言う立場で南京虐殺犠牲者を追悼する日中合同の平和法要(中国表記は=平和法会)に参加したのです(下記ブログ参照)。
サザンカ  法要後から翌日にかけて佛教関係者や日中友好を願う中国の人たちと食事する機会が何度かありました。彼ら彼女らはグラスを持ち歩いて「乾杯」し合うのが好きで何度も乾杯しているうちに友達になります。日本の選挙前で自民党優勢の情報が入っていたようで「憲法は変わるのか」「戦争が始まるのか」と言う懸念を私にも伝えるのでした。私は「9条の会」の話をして「そう簡単には9条を変えさせないよ」と言っておきました。
 翌朝そのうちの一人から私の仲間に電話が入りました。追悼集会のあと日本の記者が暴行を受けた」と言うニュースが伝わったようで、その人は「若者の暴走に私たちも当惑している。日本で大々的に報道されて選挙に利用されるのではないか」と心配していたそうです。
 帰国後新聞を見るとベタ記事だったので私も胸をなでおろしました。しかし自民党など「改憲」勢力は増えているので9条を守る運動を強めなければと思いました。
 なお、私の中国行きに身近な人たちから「大丈夫か、無事帰れるのか」と言う心配の声を多く聞きましたが、実際にはその心配はありませんでした。上海では「日本シャブシャブ料理」が大人気と聞き、帰途その店に立ち寄って食べてきました。料理は名古屋のシャブシャブより「肉食的」でした。肉食系の方にはいいのじゃないかと思います。
 以上の詳細は下記gokatoブログ(写真もあり)をどうぞ。

http://blogs.yahoo.co.jp/rkrk597tzw/



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ