メディアは九条運動の現場を取材・報道すべきだ

2013. 6.18  代表委員 大西 五郎     



はなしょうぶ

 6月17日の毎日新聞に「『96条改定』に異議」という記事が掲載されました。これは「『高支持率』のウラで 検証・安倍政権」という連載企画の2日目の記事です。
 この記事が書かれることについて私が多少関わっていますので、経過を報告します。

 毎日新聞の花岡さんという記者から「愛知の九条の会運動の特徴を教えて欲しい」という依頼を受けました。私があいち九条の会のホームページに県下の九条の会の活動を紹介する仕事を担当していることを知って、取材にきたのです。
 そこで私は最近の九条の会活動の特徴を次のように紹介しました。


(1) 結成直後は活発に活動したが、その後「休眠状態」になったところがある。しかし最近になって、改憲派の動きが活発になったため、目覚めて活動を開始したところも多い。(平針九条の会など)

(2) 「憲法を読む会」「憲法を語る会」「憲法講演会」など、憲法をもう一度勉強し直して理論武装し、改憲派に立ち向かおうとしているところが多い。(岩倉9条の会、平針九条の会など)

(3) 単に講演だけではなく、文化行事と組み合わせたりして、楽しい集まりにして参加者を増やそうとしているところが多い。(昭和区九条の会など)

(4) 近くのいくつかの九条の会と合同で集会を行うと、参加者が多くなり、参加した人が励まされる(尾張南部九条の会連絡会、知多半島九条の会連絡会=1年間毎月1回憲法講座など)

(5) 最近は市町村やその教育委員会が九条の会の催しを後援するケースが増えている。その一方で、「九条の会は特定の政冶団体だから施設を使わせることはできない」などと"敵視"する自治体もある(コミセンの使用を拒否した名古屋市の天白区長など)



 そして、その連絡先の電話番号を教えました。
 その中から「大坪九条の会のスタンディングと事務局長服部平和さん」の紹介の記事が17日の毎日新聞です。

 17日昼過ぎに花岡記者から電話があり、取材協力のお礼と「『高支持率』のウラで―検証・安倍政権」で紹介できるのは大坪九条の会だけですが、今後教えていただいたところを順次取材して、この地方の九条を守る運動の現状を記事にしていくつもりです」という連絡がありました。
 花岡記者はこんなに九条の会運動が広がっていることにびっくりしていましたが、「それはあな方が取材をしていないからわからないのです。今後もユニークな活動など紹介しますので、取材してください」。あいち九条の会のホームページも覗いてくださいとお願いしました。
 今後に期待したいと思います。



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ