改憲議員同盟になぜ民主党の鳩山幹事長が

佐藤隆三(THK-OB)



  昨年の参議院選挙で自民党が大敗した理由としては、安倍首相の政治では「また軍国主義に戻るのではないか」という不安と、小泉政権の乱暴な構造改革路線で切り捨てられた地方の怒りだと指摘されています。民主党が歴史的な大勝利だったからといって民主党の政策が支持されたわけではないというのが一般的な見方です。
シロモジの冬芽と蕾    改憲問題で言いますとそれまでの民主党の国会議員は、衆議院議員も参議院議員も9条改憲派が多かったのですが、共同通信が参議院選後に当選した民主党議員にアンケート調査したところ、68.5%が9条改憲に反対だと回答しています。
   ここから、昨年の参議院選挙で民主党は9条改憲反対の立場で選挙を進めたことが見て取れます。
   ところが、3月4日に開いた改憲派議員らでつくる新憲法制定議員同盟には、新たに民主党から鳩山由紀夫幹事長、前原誠司副代表ら幹部が役員として就任しています。
   自民党からは安倍晋三前首相、伊吹文明幹事長、谷垣禎一政調会長らが新たに顧問に就任。民主党の鳩山由紀夫幹事長は顧問、前原誠司副代表は副会長です。
アセビ    国会の審議では事ごとに対立し、審議より政局を優先させる自民・民主の両党ですが、憲法問題では「改憲同盟」とでもいうべき組織で両党の幹事長が仲良く役員に就任しているという皮肉な様相を呈しています。裏切られたと感じる人も支持者の中には多いのではないでしょうか。
   ところで、この「改憲同盟」の動きの本質はどこにあるとみるべきなのでしょう。
   総会の挨拶で会長の中曽根元首相は、「超党派で最大公約数を求めながら国家像を決めていく大事業だ」と述べたと報じられています。これまでは、突出した軍国主義者集団である「靖国派」が改憲策動をリードしてきましたが、これからは、保守本流が直接指揮して、民主党も飲めるような改憲を手かがりに、一歩ずつ改憲の突破口を開こうという、彼らなりの統一戦線戦術を採用したものと見ることができます。
   民主党の「憲法提言中間報告」では、憲法9条論議の方向として、憲法の中に、国連の集団安全保障活動を明確に位置づけ、日本もこれに関与できることを求めています。「武力の行使」は最大限抑制的であるが、日本も責任をもってその役割を果たすことを鮮明にする、とあります。つまり、国連の活動として日本から軍隊を派遣するわけですから、9条第2項がどうしても検討課題となります。
ミツマタ    ここに保守本流が手を突っ込む余地があるものと思われます。
   9条をまもる私たちとしても、相手の動きを慎重に見極めた対応が必要になります。
   それにしてもなぜ「改憲同盟」の人たちは9条を捨てて、日本を戦争の出来る国にしたいのでしょう。先の大戦から何を学んだのでしょう。不思議でなりません。戦前から庶民ではなかった人の感覚か、加害体験を学ばず、被害体験のみを戦争と思いこんでいる人たちなのでしょうか。だとするならば、阿部富五郎さんが「私の戦後体験」で述べているように、マスコミが日本の加害責任を明確にする努力を怠ってきたことのひとつの現れかもしれません。
     「改憲同盟」では当面の活動方針として次のことを確認したと報道されています。
      (1) 衆参両院の憲法審査会始動へ働きかけをさらに強める
      (2) 民主、公明両党の議員を中心に会員の増強を進める
      (3) 「九条の会」に対抗していくため地方の拠点づくりを進める、
  
  私たちも安倍内閣から福田内閣に代わったことで一安心するのではなく、「9条まもろう」の声を社会の隅々にまで浸透させるような運動が必要です。私のような人付き合いの苦手な人間に何が出来るか悩みは深まりますが、少しでも出来ることから取り組んでいこうかと思い、この投稿を書きました。
   何もすることなく憲法9条を失う悔いを残すことがないよう頑張りたいと思っています。



(以下、資料として、新聞報道から役員の情報を転載します。)


新憲法制定議員同盟の役員

3月4日の新憲法制定議員同盟総会で了承された役員は次の通りです。☆は新。かっこ内の元は元職。敬称略。


【会長】中曽根康弘(元)
【会長代理】中山太郎(自民・衆院)
【顧問】衆院=海部俊樹、中川秀直、丹羽雄哉、中川昭一、瓦力、山崎拓、
    ☆安倍晋三、☆伊吹文明、☆谷垣禎一(以上自民)、☆鳩山由紀夫(民
    主)、綿貫民輔、☆亀井静香(以上国民新)、参院=青木幹雄(自民)、
    元職=塩川正十郎、奥野誠亮、森下元晴、上田稔、倉田寛之、関谷勝嗣、
    片山虎之助、☆粟屋敏信、☆葉梨信行、谷川和穂
【副会長】衆院=津島雄二、古賀誠、野田毅、島村宜伸、深谷隆司、
    与謝野馨、高村正彦、二階俊博、町村信孝、額賀福志郎、大野功統、
    斉藤斗志二、杉浦正健、森山眞弓、堀内光雄、☆臼井日出男、☆石原伸晃
    (以上自民)、☆前原誠司(民主)、平沼赳夫、☆玉沢徳一郎(以上無所
    属)、参院=☆藤井孝男、☆尾辻秀久(以上自民)、☆田名部匡省、
    ☆渡辺秀央(以上民主)、山東昭子(無所属)、元職=小野清子
【副会長兼常任幹事】衆院=保岡興治、鳩山邦夫、大島理森、船田元、
    金子一義(以上自民)、参院=鴻池祥肇、☆泉信也(以上自民)
【幹事長】愛知和男(自民・衆院)
【副幹事長兼事務局長】柳本卓治(自民・衆院)
【副幹事長】中曽根弘文(自民・参院)
【常任幹事兼事務局次長】衆院=☆平沢勝栄(自民)、参院=林芳正、岡田直
    樹(以上自民)
【常任幹事】衆院=☆松原仁(民主)、☆下地幹郎(無所属)、参院=☆谷川秀
    善、☆中川義雄(以上自民)、☆亀井郁夫(国民新)、元職=飯田忠雄、
    永野茂門
【監事】萩山教嚴、木村太郎(以上自民・衆院)

   自民党167名、民主党14名、公明党1名、国民新党3名、その他・無所属6名の合計191人の国会議員が参加しました。



こえ「目次」に戻る