論理を欠く安倍靖国参拝談話

2013.12.27  大西五郎 (CBC-OB)     



安倍首相の「情勢音痴」


 かねてから「第一次政権のときに靖国神社に参拝しなかったのは痛恨の極み」と言っていた安倍晋三首相が26日突然靖国神社に参拝しました。 水仙 小泉純一郎首相(当時)が毎年8月15日に参拝し、中国や韓国などから抗議を受けて以後歴代首相は参拝を控えてきました。安倍首相はその禁を突然破りました。
 安倍首相が誕生以来中国・韓国と首脳会談が開かれない状態が続いていますが、首相がA級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝すれば、両国からは「侵略戦争を肯定するものだ」と反発はさらに強まることが予想されました。しかし「参拝してもしなくても中韓との関係改善の展望は開けない」という判断があった(毎日新聞)といいます。しかし参拝後予想されたように中国と韓国の政府から強い抗議の声が上がり、両国との関係改善は一層難しいものとなりました。見通しを誤ったと云えます。
 また日本が中韓との関係改善の糸口はつかめないまま、日本と中韓の対立激化による東アジアの不安定化は国益を損なうと考えるアメリカは、自制を求める意向を水面下で伝えて(中日新聞)いましたが、安倍首相は参拝を思いとどまるように進言した側近に「アメリカは何も言ってこないよ」と云ったそうですが、アメリカは「日本の指導者が近隣諸国との関係を悪化させる行動をとったことに、米国は失望している」という同盟国に対しては異例とも云えるコメントを発表しました。ここでも安倍首相は情勢の読み違いをしました。



「安倍の論理」で参拝を正当化


 安倍首相は参拝に当たっての談話を発表し、参拝を正当化しました。しかしその論理は日本の国民はもとより、中国や韓国の政府やその国の人々を納得させるものではありません。
サザンカ  談話では、「靖国神社参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、ご英霊に、政権1年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことのない時代を創るとの決意をお伝えするためです。中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは全くありません。」と述べています。
 しかし安倍首相は3月の衆議院予算委員会で「極東国際軍事裁判(通称東京裁判)は連合国側の勝者の判断で断罪がなされた」と答弁したこととの整合性はどうなるのでしょう。安倍首相が中国や韓国との首脳会談を開くことができないでいるのは、中国と韓国から見れば安倍晋三という人はかつての戦争を侵略戦争と認めず、朝鮮半島を植民地化して朝鮮の人々に苦痛を与えたことを認めようとしない、つまり歴史認識が問題だと考えているからです。A級戦犯が祀られている靖国神社に参拝するそのことが中国や韓国の人たちの気持ちを傷つけるのだということが分からないのでしょうか。
 また不戦の決意をお伝えすると云いますが、集団的自衛権の行使容認とどう結びつくのでしょうか。
 なお私が子供の頃の経験で、以前にも「会員のこえ」で紹介しましたが、「天皇陛下に召されたら喜んで戦地へ行って戦え。戦死すれば靖国神社に神として祀られる。こんな名誉なことはない。」と云われて育ちました。そして「天皇陛下のためならば、何で命が惜しかろか」と歌わされました。そうして国に尊い生命を捧げた(奪われた)人たちが「ご英霊」なのです。靖国神社というのはそういう役割を負ったところなのです。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ